Windows Live Writer

blogを更新するのに毎回ウェブのフォーム経由でやるのはいやだなあと思っていたので、オフラインで編集できて、そのまま公開までできるエディタを探してみました。

このブログでは、TypePadを使っているので、それに対応しているツールであることが最低条件。

あとは便利さですが、読んだ本の紹介をしたいなあとも思っていたので、Amazonへのリンクを入れやすくできるかどうかもポイントです。

というわけで、独断で決めたのはWindows Live Writer。英語版しかなく、βですが、十分使えました。

  • Writer Zone
    ここからダウンロードできます。プラグインのSDKなんかもあります。画像の加工も単独でできるので便利。
  • Amazon Associate Japan Plugin for Windows Live Writer
    Amazon Web サービスのIDが必要ですが、画像の大きさも選べるし、動作も軽快です。このプラグインがあったおかげで、Windows Live Writerにしたようなものです。
  • キーワード一発でブログにWikiPediaの参照を挿入する! Windows Live Writerのプラグインを作成!!
    WikiPediaだとサイトを開いてからURLをコピペ→文字にリンク設定ということをしそうなのですが、試しに使ってみようと思います。
  • Windows Live Writer SDK
    自分でもプラグイン作ってみたいです。先が読みたい……。
  • Windows Live Writer (引き続き)
    こんなプラグインがあるといいなあが書かれていました。

ほかにも軽く使ってみたのは下記の2つ。

  • BlogWrite
    いろんなブログスペースに対応しているようです。
  • xfy Blog Editor
    XVCDというXMLスクリプト言語でカスタマイズできます。でも、ちょっと動作が重い。

ほかにも探してみますが、Windows Live Writerのプラグインを作る方向に遊ぶのもおもしろそうです。

とりあえず、Gmailでどこからでも下書きできるようにしておいて書き溜めておいて、リンクや画像を入れるといった最後の調整をWriterで行うという感じでうまくいきそうです。

というか、ここのブログはすべてその方法で更新しています。

Technorati-JP Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>