ヤフー、オンライン出前サービス会社株式を公開買付け

オフラインの世界をオンライン化するサービスに興味を持っています。

SNSとか動画とか、オンラインをどんどん深くしていくのもおもしろいと思うんですが、オンラインをおもしろくするためにも、リアルな世界をネットワークの届くところにしていくというのもおもしろいと思いませんか?

デリバリー情報サイト「出前館」。ピザを食べようと紙のメニューを見て注文してみたのですが、よくよく調べてみると、出前館というサービスを使っていることに気づきました。

なるほど、便利だなと思っていたのですが、すでにヤフーやインデックスが出資していたんですね。

Link to ヤフー、オンライン出前サービス会社株式を公開買付け

PCや携帯のサイトで申し込んだ情報が出前館のシステムによって、店舗にFAXで送信されるという仕組みになっているようです。

正直、サイト自体はものすごく使いやすいというわけではないのです。でも、身近なショップへの注文がネット経由でできるというだけで便利。そして、加盟店が多く集まっているのもポイントが高い。

Technorati-JP Tags:

Adobe Apollo @ DEMO 2007

DEMO 2007でAdobe Apolloが登場していました。eBay用のアプリケーションを使って、インストールから、検索、出品などを実際にデモしています。数分間程度の短いデモですが、良さがしっかりとアピールされていると思います。

デモ中、オフラインにした上で、オークションに出品する情報を編集し、オンラインになった段階でシンクロさせてオークションに出品していました(実際に出品されてます)。

FlashからWebCamを使うというのはよくありますが(~のカメラおよびマイクへのアクセスを許可しますか?という表示がされる)、あれと同じようにWebCamを使って写真を撮影していました。

以下、ちょっと話が飛躍しますが、専用に作られたアプリというのはやっぱり便利ですよね。

でも、ゼロから専用アプリを作るとなると、どのOSに対応するのかとか、どれだけの機能を実装するのかとか、コストの問題が出てきます。お金をかけてでもやると豪気なことを言ってくれるとしても、開発に必要な期間というのはどうしても長くなってしまう。結局、技術的にはできるんだろうけれど、現実的ではないということに。

その点、Apolloは、

  • 普通に要求されそうな機能を満たすことはできそう。(専用アプリほどではないにしても、WebアプリとかWidget以上のことはできる)
  • 既存のWebテクノロジーの延長上で開発ができる。(HTML,Ajax,RIA,PDF,e.t.c.)
  • だから、Webと同様のコスト(規模、速度)で開発ができる。

といったところがあり、便利なものを現実的に作ることができそう。サービスの提供者・開発者側には受け入れられるのではないかなあと思っています。

ユーザー側は、Apolloを一度入れないといけないという手間がかかるので、どうなんでしょうね。普及に期待という感じですね。

Technorati-JP Tags:

Technorati Tags:


恐怖!起動しないパソコン

みなさん、きちんとバックアップしましょう!

つい先日、急にパソコンが起動しなくなってしまいました。それも現在メインで使っているWindows XPのノートパソコン(Let’s note W4)。

いつものように使っていると、ちょっと不安定だったんで「ここらへんで再起動しとくか~」 くらいの軽い気持ちで再起動してみたら、「一瞬だけブルースクリーン(UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUME)が出て再起動」という症状になって起動できなくなってしまいました。

時を同じくして、会社にあるノートパソコン(Let’s note R3)も起動しなくなってました。こちらは「Operating System not Found」。

幸いなことに、回復コンソールからchkdskかけて、元通り起動するようになりました。最低限データを吸い出すくらいはできるだろうと楽観してはいたものの、バックアップをさぼっていたし、大事なデータ(個人的なもの)は入ってるし、かなり焦りました。

とりあえず、復旧後すぐに、マイドキュメントのデータを中心にバックアップ。120GBの外付けHDDが家で眠っていたので(なぜ?)、それを使いました。

さらに、備えあれば憂いなしだなとバックアップ戦略を立案して実践することにしました!

といっても大したことをしたわけではなくて、Acronis TrueImageというソフトにお任せしてシステム丸ごとをバックアップすることにしただけです。これなら、いつでも元の環境が復元できます。ファイル単位でコピーするよりも時間もかからない。

実は、昔、version 6を買っていたんですよね。なのに、バックアップをさぼっていた……。

Vista発売に合わせて「Acronis®True Image Home® Version 10.0」にバージョンアップされていて、基本的な機能は変わってないようですが、前回までのバックアップとの増分だけをバックアップできる機能を目当てにバージョンアップしました(ちょっとややこしいんですが、フルバックアップとの差を毎回バックアップする「差分バックアップ」というのもアリ)。

最初にフルバックアップしてから、後は増分バックアップを週一回という形で実施することにしました。ちょうどいいタイミングなので、週次のバックアップ前にウィルススキャンをすることにしています。

フルバックアップでは、45GBほどのデータが30GBほどに圧縮されてました。数時間かかったので、毎回フルバックアップはきついですね。

増分バックアップでは、毎週1GBほどの圧縮データがバックアップされていました。バックアップだけ見ると、数十分の作業。ウィルススキャンは、家を出る前に開始。これくらいなら毎週やるのも苦じゃないかな。

バックアップメディアは外付けHDDです。DVD-Rなども考えましたが、メディアの管理ができなくなるだろうし、ホームユースなんで同時に2台のHDDが壊れるケースは考慮しなくていいでしょう。考え出すと、停電とかの影響も気にはなりますが、ノートパソコンはバッテリーで動作するし、外付けHDDもバックアップ時だけつなぐので。あと怖いのは落雷くらいかな。

それよりも、外付けHDDの接続とバックアップ実施と2つの手作業に頼っているバックアップなので、面倒になるのが一番のリスクかな~。

バックアップ先をRAID対応のNAS(電源はUPS)にして、バックアップはスケジュール通りに実施する……というのも考えたんですが、やり過ぎですよね。