Eclipse Europaを入れました

Eclipse 3.3(Eclipse Europa、エウロパ)が出ていたので、入れてみることにしました。

Pleiades

昔、Mac OS XでEclipse入れようとしたら、なんかうまく行かなくて困った記憶だけが残っているんですよね。ちなみに、Intel Mac対応(Universal Binary化)は3.2でされている模様。

これまではPHPの開発環境として、Zend Studioを使ってたけど、PDTを試してみたい。あとは、現在はEclipse 3.2ベースだけど、AdobeのFlex Builderも使いたいし。いろいろ揃ってきているプラグイン類も便利そう。

インストール

まずは、インストールと日本語化。ITproの記事「第5 EuropaEclipse 3.3)の注目機能はこれだ!」とリンク先を読めば、十分でした。

どのパッケージをダウンロードすればいいのかだけ考えちゃいましたが、「Eclipse IDE for C/C++ Developers」にしました。別にJavaの開発するわけじゃないし、一番小さいシンプルなやつってことで。

展開したeclipseディレクトリは、/Applications以下に設置しました。Eclipse.appをダブルクリックして無事に起動。

Pleiadesによる日本語化

上記の記事にしたがって、日本語化。readme.txtにも書いてあるので、その通りにやるだけなんですけど。いくつかMacならではの注意点があります。

・eclipse.iniは、eclipse直下にあるものではなく、eclipse/Eclipse.app/Contents/MacOSにあるものを編集する。

・eclipse.iniに追加する-javaagentの設定は絶対パスで指定します(相対パスだと起動時にエラーになりました)。

・デフォルトだとメニューが「ファイル(F)」みたいにWindows風に表示されるので、Mac風に表示にするために起動オプションにno.mnemonicを指定します。

つまり、こんな感じの行をeclipse.iniに追記します。



-javaagent:/Applications/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar=no.mnemonic

ITproの記事では、デフォルトのスプラッシュ画面を無効にしてPleiadesのものに変えるためにeclipse.iniを書き換えてましたが、この作業は不要のようでした。

eclipse.iniの編集時ですが、Eclipse.appはパッケージになってるので、普通にクリックするとアプリが起動されてしまいます。右クリックで「パッケージの内容を表示」で開いていきます。

MacとWinの違いというと、ディレクトリを移動で同じディレクトリ名があった場合。

Windowsだと「上書き」なので、同じファイルは上書き、ないファイルは追加されます。

でも、Macの場合は「置き換え」なんですよ。なので、古いファイルは消えます。

とりあえず、こんな感じで無事に起動しました。ウィンドウタイトルの「C/C++」がいらないなあ。

Eclipsemac

ワークスペースはデフォルトのホームディレクトリの直下ではなく、Documentsの下にEclipseWorkspaceを作りました。好みですけど、ホームディレクトリの直下はあんまり使いたくないので。

Technorati Tags: , ,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>