稼働率99.999%

TechCrunch Japanese アーカイブ » Google、ブラジルサイトのアップタイムは99.999%

1年間365日だとすると、365 x 24 x 60 x 60 = 31536000秒。つまり、0.001%は315.36秒。稼働時間99.999%を満たすには、1年間で5分強の停止時間まで許されることになります。

常時使えるのがいいのは当たり前なんですけど、定期的に使えない時間があるのでも、十分な気もします。オンラインバンクみたいに定期メンテナンスの時間が必要だけど、使える時間は止まらないように目指すのが、一番コストパフォーマンスがよい気がします(直感ですけどね)。

定期メンテナンスが許されない業務ってのもありますからね。その場合でも、稼働時間は100%を目指すとしても、一律ではなくて、機能ごとに制限をかけるとか、ユーザー単位とか、割り切る方向はありそうです。

でも、自分が使いたいときに定期メンテナンスがあると不満でしょうし、難しいところです。

さて。

中小規模のサイトでサイト監視ってなかなかできないと思うんですが、僕はサイト監視サービスのSite24x7を使ってます(β版の頃から)。無料版でも、ウェブサイト2つ、60分おきでの監視ができます。有料だと、監視先1箇所あたり$0.50、監視間隔は5分〜60分おきに設定ができて、アプリとかDNSサーバとかの監視もできるみたい。



Site24X7

無料版でもこんなレポートが週に一回届いたり、ダウン時とアップ時にもメールが届きます。

上の画像は、ちょうど乗り換える前のVPSサーバで稼働させてるときに1時間止まってたときのレポート。レスポンスタイムにも結構ばらつきがあるのがわかります。

たぶんsite24x7はアメリカから監視してると思うんで、日本にもこういうのないかなーと探してみました。

Site Alertは今のところ無料で、ドメイン監視とかもしてくれるみたいで、結構良さそう。

あとは、有料ですが、比較的安いところでサイトウォッチURLWatchというのがありました。

何を監視したいかにもよるので、site24x7とSite Alertを両方使うとか、できる範囲でやることもできますね。あとは機能強化をお願いしてみるとか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>