Mac OS XでSSH(2) Fugu/CyberDuck/ForkLift

前回からSSHの続き。続いて、ファイル転送の話。

FTPよりもセキュアに、ということで、SFTPを使います。

sftp

ターミナルを起動して、

$ sftp username@hostname

とすると接続できます。もちろん、SSHで接続する際に生成した暗号鍵が使われます。

ftpコマンドに慣れてるなら、これで十分。特にソフトを入れなくてもいいのは楽ですね。

でも、専用のクライアントがあったほうが普段は便利だなあと思うので、物色してみました。

Sftp

Fugu

まずは、Fugu。基本的な感じ。

接続が切れた時に、再接続ができないことが多発したり、なんか使い心地がよろしくなかったりしたので、すぐに別のを探してしまいました。

Cyberduck

黄色いアヒルのアイコンがかわいいCyberduck。接続維持のNOOPを送ることができたり、ブックマークごとにローカルのディレクトリを指定できたり、使いやすい。FTPでも使えるし。

ForkLift

$29.95と有料ですが、ForkLiftというのも便利そうでした(未使用)。

FTP/SFTPに加えて、Amazon S3(Simple Storage Service) に接続したり、ローカルを介さずにサーバ間でファイルを転送するFXPが使えたり(Macでは初らしい)、Bluetoothで接続したり、なんか高機能。

ForkLiftもおもしろそうだけど、現状はCyberduckを普段使うことにしました。

Amazon S3は使ってみようかと思っているんですが、使うにしても無料のAmazon S3 Firefox Organizer(S3Fox) (Firefoxのプラグイン)とかもあるし、有料ならJungleDisk(S3をローカルのディスク感覚で使えるWin/Mac/Linux対応のアプリケーション。$20)とかのほうが便利かなとか。

大事なデータはJungleDiskでAmazon S3にバックアップとかしておくと、幸せかもしれない。

Technorati Tags: , ,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>