MacPorts (2)パッケージの利用

前回でMacPortsの準備ができたので、パッケージを使ってみます。

試しに、MacPortsでwgetコマンドを入れてみたいと思います。Mac OS Xには標準でcurlが入っていて、wgetはないので。

パッケージの検索

$ port search wget

gwget gnome/gwget 0.96 Gwget is a Download Manager for Gnome 2. It uses wget as a backend.

wget net/wget 1.10.2 internet file retriever

wgetpro net/wgetpro 0.1.3 advanced internet file retriever

gwgetとかwgetproも一緒に見つかります。

パッケージの依存関係(インストールに必要なパッケージ)

$ port deps wget

wget has library dependencies on:

openssl

gettext

wgetにはopensslとgettextが必要なようです。

variantsの表示(各パッケージのオプション)

$ port variants wget

wget has the variants:

universal

no_ssl

darwin_8

パッケージ情報の表示

依存関係とvariantsも含まれます。

$ port info wget

wget 1.10.2, net/wget (Variants: universal, no_ssl, darwin_8)

http://www.gnu.org/software/wget/wget.html

GNU Wget is a free software package for retrieving files using HTTP, HTTPS and FTP, the most widely-used Internet protocols. It is a non-interactive commandline tool, so it may easily be called from scripts, cron jobs, terminals without Xsupport, etc.

Library Dependencies: openssl, gettext

Platforms: darwin freebsd

Maintainers: xxxxx

パッケージのインストール

$ sudo port install wget

wgetに必要なopensslとgettextをインストールしようとしますが、gettextに必要なexpat/libiconv、opensslに必要なzlibが自動でインストールされます。必要な分だけ遡ってくれるんだと思います。

インストールしたソフトウェアの一覧

初期状態では何も入れてないので、「No ports are installed.」と表示されますが、インストール後だと、パッケージ名とそれがactiveかどうかが表示されます。

$ port installed

The following ports are currently installed:

expat @2.0.1_0 (active)

gettext @0.16.1_0 (active)

libiconv @1.11_4+darwin_8 (active)

openssl @0.9.8e_0+darwin_8 (active)

wget @1.10.2_0+darwin_8 (active)

zlib @1.2.3_1 (active)

アップグレード可能なソフトウェアの表示

$ port outdated

アップグレード

$ sudo port upgrade wget

とパッケージごとにアップグレードするか、

$ sudo port upgrade installed

とinstalledと組み合わせて、全部アップグレードするか。

アンインストール

$ sudo port uninstall wget

deactivateとactivate

アンインストールせずに、deactivateで無効にすることもできます。

$ sudo port deactivate wget

逆はactivate。

$ sudo port activate wget

variants違いで切替とかできるらしいんですが、どうやって指定するんだろう?

portコマンドなど、この辺で勉強しました。

HowTo – MacPortsWiki-JP

port コマンドの簡単な使い方

Technorati Tags:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>