Zend Framework本、読了



“PHP
フレームワーク Zend Framework入門” (藤野 真吾)

Zend Framework本、読了です。ちょっと索引が弱いなーという気はしましたが、Zend Frameworkの入門書ということで、どんなもんか理解するには十分でした。書籍があるのはいいことだよね。雑誌、ムックとか増えるといいな。

MVCを知らない人が初めて読んで理解できるだろうかとも思いますが、MVC本じゃないし。サンプルのアプリケーションを設計・開発と作る章があるので、十分なのかな。

このサンプルアプリケーションの設置で一瞬悩んだのが、初期設定ファイルの読み込み。Zend_Controllerの典型的なレイアウトに沿って、ウェブからアクセスされるドキュメントルートとアプリケーション関連のファイルを置くディレクトリが同階層にあることになってるんですよ。それで初期設定ファイルの読み込みが「../」ってなってたんですが、実際にはそうなってないわけで。いくつもファイルを修正したり、パスを通したりしました。

書籍ではZend Framework1.0.1を使って解説していましたが、読み終わったところで1.0.2がリリース

書籍中で指摘していたバグが4つあって報告済みとのことだったんですが、 まだ治ってない?

Issue Tracker(JIRAです)を探したものの、Zend_Filter関連の3つは見つけられず。Zend_Mailのバグはこれかな。

Zend Frameworkのドキュメントは日本語版もあるし、ダウンロードもできるんで、落として斜め読み。基本的なもの以外にも、おもしろそうなコンポーネントがちらほら。

まずはZend_Localeでの地域化とZend_Localeでの多言語対応。あらかじめ配慮しておけば、簡単に多言語サイトが作れそう。

Zend_Gdataもおもしろそう。Google Calendar、Google Spreadsheetsのデータにアクセスできる。Google Apps Provisioningというのは知らなかったな。Google Appsの設定を変更できるので、メーリングリストの登録や削除なんかをするためのウェブインターフェースを作れそう。

Technorati Tags: ,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>