Time Machine

Time Machineでのバックアップ、かなり時間がかかったので、一度キャンセルしてしまいました。

キャンセルしたついでに、全体で500GBのハードディスクをパーティション2つに分けることにしました。一杯になるまで容量を使うようだし、差分バックアップなので、半分もあれば十分だろうということで。

6時間くらいかかって、全体で60GBほどがバックアップできました。

Firewire接続とかだともっと速いんでしょうかね。接続速度の問題ではないのかもしれませんが、USBポート(MacBook Proでは左右に1ポートずつ)は、ほかにも使いそうだし、ハードディスクはFiewwire接続にしておけばよかったと少し後悔。

最初だけ時間がかかりましたが、それ以降は快適です。バックグラウンドで処理されますし、1時間おきにハードディスクが動き出すなあという程度。

Time Machineで使うハードディスクは、こんなアイコンになるみたいです。

Timemachinehd1

試しに開いてみたところ、バックアップが行われた時間ごとにフォルダができてるように見えます。フォルダそれぞれの容量をFinderで見るとバックアップした60GBほどに見えるんですが、全体の使用容量も60GBほどです(というか元より少なくなってます)。

ただ、VMWareを使った後、20GBほどのディスクイメージ全体がバックアップされちゃうのが、いまいち。これはまあ仕方ない。Windows側にはデータを置いていないので、ここをバックアップ対象外にすれば、使いやすいかな。

Timemachinehd2

で、Time Machineを起動すると、無駄に宇宙的なインターフェースに。

Timemachinehd3

過去の復元ができるのは便利だと思いますが、僕自身の使い方では、あとで必要になるデータをバックアップも取らずに消してしまうということがないと思うのですよね。別名保存するつもりが、うっかり上書きしちゃって、前のバージョンを欲しいとかはあるかもしれないなあ。

Time Machineでは、

・過去24時間の1時間ごと

・過去1ヶ月間の1日ごと

・1週間ごとのバックアップ(容量が許す限り)

ということになっているので、本当に古いバージョンが必要であれば、それは別に保存しておく必要があります。ま、それは今まで通り。

バックアップディスクが接続されてなければ、次回接続時以降にバックアップされるようです。

どうやら、マシンを買い換えたときやOSの再インストール時に、Time Machineのバックアップから新しいマシンにデータを復元する、なんてこともできるようです。

これまでもバックアップソフトで、差分バックアップしたり、スケジュール機能で定期的にバックアップすることはできましたが、OS標準というのはいいですね。ほとんど設定する項目がなく、ハードディスクを用意するだけというのは素晴らしいです。

Technorati Tags: ,


Leopard インストール&Time Machine中

というわけで、本日荷物が届いたのでiBackupでバックアップを取り(システム設定、アプリケーション設定、ユーザーディレクトリ、アプリケーションディレクトリ)、さくっとLeopardをインストールしちゃいました(MacBook Pro, MA896J/A)。

インストールメディアのチェックとかしたので、かなり時間がかかりましたが、一応完了(2時間弱?)。

事前にネットで評判を見ていたんですが、少々不具合もあるようです。

Do you run on Leopard ? – Mac OS X 10.5 Leopard対応情報 -

[mixi] Mac OS X ユーザー | Leopard対応状況に関する情報交換はこちらで。

この辺を探ってみましたが、僕が使っているアプリも確認済みだったり、少し不具合があるくらいでアップデート予定だったり、致命的そうなアプリがなかったので、思い切ってインストールしちゃいました。

・バックアップ(iBackup便利。Intego Personal Backup X4も持ってるんですが)

・「ディスクユーティリティ」でアクセス権の修復(結構修復されちゃいました。これは何故?)

・上書きインストール(できれば新規インストールがよいでしょうけどね)

新規インストールがいいのはわかってるんですが……。なんとかしちゃえるだろうと思い、上書きしちゃいました。全部のアプリを使ったわけじゃありませんが、今のところ、動作している様子。

いくつかのウィジェットで表示がおかしかったのですが、さっさと非表示にしちゃいました。

いまいち、ウィジェットを使いこなしきれていないので、あまり困りません。

軽く触ってみましたが、全体的に動作がキビキビしてて心地よいです。

Spacesはこんな感じ。

Leopardspaces

これまでVirtue Desktopを使っていたのですが、純正だけあって動作は軽快です。

Virtue Desktopでは、画面の端のクリックでその方向の画面に切り替えるとか、ウィンドウを選んでキー入力で別の画面にとか、ちょっとカスタマイズしていたんですよね。

でも、Spacesの起動(画面の一覧が表示される)をMighty Mouseのポッチに割り当てたので、 画面の移動やウィンドウの移動も気軽にできます。直感的だし、いい感じ。

というわけで、現在Time MachineのバックアップとSpotlightの索引作成にがんばっているところです。

Apple Store(Japan)

Technorati Tags: ,


Leopard + HDDを注文しました

使ってるソフトの対応状況も気になるし、しばらく様子見かなあと思っていたのですが、注文しちゃいました。

Sofmap.comでLeopardと500GB HDDのセットで売ってたんですよ。

自動でバックアップしてくれるTime Machineを使うため、外付のHDDが欲しかったので、ちょうどいいと買うことにしちゃいました。

HDDはLaCie 301285Jという製品、ほかの店でも見かけないし、単独売りはしてなさそうだったんですが、16000円相当(ポイントが12%弱つきます)。

500GBにしては、安いかなと思ったんですが、探せばあるもんですね。Amazonで16600円で5%ポイントつき。こっちのほうがメタリックで最近のMacには合うかも。



I-O DATA USB 2.0/1.1対応 外付型ハードディスク 500GB HDC-U500

Apple Store(Japan)

Technorati Tags:


Skype x Unyte Application Sharing

最近、よくSkypeでミーティングします。

資料を一緒に見ることになります。事前に資料を送っておいて、同じ資料を見てもらいながら話すというのでもいいのですが、先日「こっちは最新版の資料を見ていて、相手は一個古い資料を見ていた」というせいで話がかみ合わないことがありました。

そんなわけで、同時に同じものを見ることができるWeb会議システムみたいなものはないものかと、軽く始められるそうなものをちらっと探してみました。

Macromedia Breeze(現Adobe Connect)を使ったことがありますが、あそこまで単体でできればいいですけど、結構なお値段がしますからね……。

希望としては、

・こちらの画面を見せることができる(チャットや音声はSkypeでやるので不要)

・相手は、ユーザー登録やソフトのインストールなどの事前作業が不要(重要)

・できればMacで使えるソフト(ま、VMWareでやるんでWindowsでも可)

という感じ。

Skype単体でビデオチャットはできるので、ビデオチャットの画面のソースとして自分の画面を設定できればいいんじゃないかなーと思ったら、Windows版だけど、そういうソフトがありました。

Skype Videoでデスクトップを送りつけるの作りました

Virtual Desktop Camera for Skype

今回は、これではなく。Windowsしか使えませんが、Skype ExtrasにもあるUnyte Application Sharingを試してみました(WindowsXPでSkype 3.5.0.239)。

現在は、IBMに買収され、Lotus Sametime Unyteになっているようです。

インストールは簡単。Skypeのメニューから「ツール」→「さらに活用」→「エクストラを入手」と進んで、Extraマネージャ内の「共同作業」にあります。

まずは、「Start Sharing」をクリック。

Unyte1

続いて、シェアする人を指定するのですが、SkypeのコンタクトならアクセスしてもらうURLをチャット経由で送信できます。Skypeユーザーじゃなくても、URLをメールなどで知らせることができれば、OK。

有償サービスの試用ということで使えている機能がいくつかありまして、表示したいアプリを限定することができます。試しに、WindowsのIEをシェアして、MacのFirefoxで閲覧してみました。

Unyte2

ほかにも有償のみのようですが、注釈をつけたり、リモート側から操作したり、いろいろ機能がありました。

今後は、録画やリプレイといった機能が追加されていくようです。

無料だと、画面を共有する機能を2ユーザー(つまり1対1)で使うことしかできませんが、追加機能は2ユーザーで年30ドルから。

ほかにもSkype Extrasには、ホワイトボードの共有とかもあるし、使うと便利そう。Macでも使えるようにならないかな。

無料のWeb会議サービスだと、Vyew.comというのがありました。なかなか多機能そう。でも、たぶん、相手にもユーザー登録してもらわないといけなそうで試してません。

Technorati Tags:


Subversionのホスティングサービスを探してみる(3)

Subversionホスティング探し、続いてます。

Subversionのホスティングサービスを探してみる(1)

Subversionのホスティングサービスを探してみる(2)

Beanstalkという、またまた知らないサービスを知ったので、試してみました。

ブラウザから誰でも簡単にSubversionが使える『Beanstalk | 100SHIKI.COM

を見たのがきっかけ。タイトルとか文章から、リポジトリブラウザなだけじゃなくて、WebDAVとかでチェックアウトしたリポジトリを開いて、ブラウザからコミットとかできるんだろうかと「勘違い」してしまいました。社内で内職とかする人には便利かもしれませんが :-P

よく読むと、記事中でもtracに触れているし、どうもSubversionのリポジトリ作成と閲覧ができるサービスのようです。いや、それは僕の探しているものじゃないかと落ち着いて試すことに。

ちなみにbeanstalkは、豆の茎のこと。ジャックと_豆の木_です。beanstalkというと、発音記号だと「ビーンストーク」な気がしますが、大塚製薬のビーンスタークポカリスエットとかビーンスターク・スノーのハキラ(最近寝る前に歯を磨いてから食べてる)とかが有名でしょうか。

さて、今回のBeanstalk。

リポジトリが1つだけでSSLは使えませんが、10MBの無料プランがあります。月額$15の有料プラン以上はSSLが使え、容量・ユーザー数・リポジトリ数が増えていきます。

ほかとの大きな違いなんですが、ここってSubversionのリポジトリとそのリポジトリブラウザしか提供してないんですよ。

BTSみたいなプロジェクト管理機能やwikiとか掲示板のような情報共有機能は、その他のサービスと連携するようになっています。今、対応しているのはBasecampFogBugzLighthouseの3つ。

Beanstalkは、Subversionに注力しているからか、リポジトリブラウザが使いやすい気がします。Subversioのリポジトリだけあればいいんだよという人にはいいかも。

あ、でもSJISとEUCのテキストファイルは、リポジトリブラウザでは文字化けしてました。UTF-8はOK(unfuddle.comは3ファイルともOKでした)。

ちゃんとプロジェクト管理や情報共有をしたいという人も、連携させる手間はかかりますが、複数のサービスの中から選べるというのもよいですね。

連携するサービスの中から、無料プランのなかったFogBugz以外の2つを試してみました。

Lighthouseは、リポジトリと統合されてる感じが強い。Beanstalkのリポジトリにコミットしたメッセージが、Lighthouse側のダッシュボードに表示されたりします。ちょっと驚きました。

Basecampは、ソースコードがメインじゃないプロジェクトのほうが使えるようです。

Subversionと統合していると、どうしてもソースを触る人寄りなものになってしまいます。ソースコードと無縁のスタッフがいるプロジェクトもあるでしょう。

Basecampって、無料プランからユーザ数に制限ないんですよね。関係者をいくらでも追加できるのは便利。Basecampがメインで、必要ならBeanstalkを追加するというのは良いかもしれない。

前回の結論と同じなんですが、今のところ、僕にはunfuddle.comが一番良さそうですが、用途と規模によっては、今回知ったBeanstalkと、これまで気になってたBasecampもよさそうです。

ところで、Beanstalk、最初に登録したサイト名が編集できない(見つけられないだけ?)とかタイムゾーンの設定が反映されてない?とか、まだまだ荒削りな気もします。

Technorati Tags:


Adobe CS3を購入

Adobe Creative Suite 3のWeb Standardを買いました。ここまで高いソフトを自腹で買うのはたぶん初めて。

欲しいなと思いつつ、まだいいやと思っていたんですが、夜中にソフマップを見ていたら夜間だけ5%割引をしていたので、購入してしまいました。最後の一個だったらしく、僕の注文後から、サイト上での表示がお取り寄せ扱いになってしまいました(17日早朝に注文して、今日19日現在でも)。

kakaku.comで見ると、もっと安く買えるみたいです。カードで買えたし、ポイントも貯まったし、まあ満足してます。

StudioMX 2004辺りから、あまり触っていなかったんですが、パソコンが速いせいか、使いやすくなっている気がします。

予想外に便利そうだったのが、Device Centralでしょうか。昔使ったAdobeのエミュレータはおまけって感じでしたが、今回のはそこそこ使えそうな気がします。

Devicecentral

日本のキャリアだとDoCoMo/KDDI/Softbankのブラウザ関連のスペックとか、プレビューとかできるみたいです。端末の写真の画面部分に表示してくれるので、見た目を確認しつつ、Flashとか画像を調節する分には見やすくて便利かも。

まあ、実際のブラウザをエミュレートしているわけじゃないでしょうから、実機での確認は必要でしょうけどね。

デバイスプロファイルの更新は、Adobe Updaterからではなく、デバイスメニューからAdobeのサイトにアクセスして、自分でダウンロードする必要があります。

ピヨピヨエディット2.0 デバイスプロファイルの更新@Device Central CS3

すでに3つのアップデートがありますが、まだ904iシリーズに対応してなかったり、なんとか遅れながらもメンテナンスされているといったところ。

デバイスプロファイルはXMLとPNGの集まりなので、自作もできそう。どこかで有志が作ってたりしないのかなあ。



Creative Suite 3 Web Standard Macintosh

Technorati Tags: , ,


Subversionのホスティングサービスを探してみる(2)

Subversionのホスティングサービスを探して、いくつか実際に試していたのですが、MacのSubversionクライアントの問題との切り分けをしなきゃいけない羽目に陥り、えらく時間がかかりました。

Windowsで使っていたTortoiseSVNは使いやすくて便利だなとは思っていましたが、品質も素晴らしかったんだと今さら認識しました。MacのSubversionクライアントの話は調べ中なんで、ホスティングサービスを2つ試してみた結果をまとめてみたいと思います。

比較したのは、2個。日本語も使えるみたいで評判がよろしいunfuddle.comと、Google Adwords以外では見かけないhosted-projects.com。

Unfuddle: Free Source Control, Bug and Issue Tracking

・無料だと15MB(projectは1個/userは1人という制限あります)

・BTSとリポジトリブラウザはあるけど、wikiはない

・wikiはないですが、Messagesという掲示板みたいな機能がある

・SSLが使えるのは月額$24のプランから

hosted-projects.com – Professional Project Hosting – Home

・月額$7で100MBから

・tracなので、リポジトリブラウザ、BTS、wikiが使える

・SSLは全プランOK

unfuddle.comはいいですね。Webサイトのインターフェースも非常に使いやすいし、日本語もばっちり使えます。UTF-8/EUC/SJISのテキストファイルで試してみましたが、リポジトリブラウザで表示できました。掲示板やBTSなんかも日本語OKのようです。

アクセスするURLとして、アカウント名のunfuddle.comのサブドメインが振られるので覚えやすいです。

1人じゃなくてチームで使うんだったら、月額$24のプラン申し込んでると思います。

hosted-projects.comは、リポジトリブラウザで日本語の扱いがダメでした(正しく表示されるときもあるんですけど)。BTSやwikiで日本語を入力する分にはOKでした。まあ、これはtracの問題でしょうか。アクセスするURLはドメインは共通でパスにアカウント名が入ってくるので、長くて覚えにくいかな。

リポジトリブラウザを使わないものだと割り切れば、$7でSSLが使えるし、求めているものに近いのかもな。URLが長いって言っても、覚えなきゃいけないようなものじゃないし。

ただ、ささいなことかもしれないけど、unfuddle.comの使いやすさを体感しちゃうとなー。お金払うなら、こっちかなと思ってしまいます。日々使ってて、楽しいとまでは行かないけど、お気楽なのはunfuddle.comだな。

とりあえず、unfuddle.comの無料プランで使い続けてみることにします。

設定ファイルとか、自分のだけども見られても構わないものを入れておこうかな。

Technorati Tags: ,


Wiiリモコンジャケット

「Wiiリモコンジャケット」についてのお知らせ

Wiiリモコンの保護カバーが無償配布ということで、申し込みましたよ。うちのWiiでは投げ飛ばすほど遊ぶ人はいないので使わないかなあと思い、危うく忘れそうになってたんですが、ようやく。

申し込みするときに、本体の製造番号は入れる必要があります。はじめてのWiiの同梱と単品販売のWiiリモコンは個数だけ入れれば、OK。なに、貰い放題ってこと?

・ただ気前がいいだけ?

まあ、個数分、製造番号を入れさせて確認するのはお互い面倒そう。

個数が増えても、送料はそんなに変わらないし、カバーの原価もそれほどしないとか。

・本体に登録されているリモコンを把握している

でも、インターネットにつなげてない人もいるだろうしなあ。

・調査も兼ねている

本体一台あたりのリモコン数を調べたいとか。

・マイリモコンだけ持ってて、友達の家に遊びに行く人はどうするんだろう?

ま、こんな人いないか。

別にどうでもいいんですが、サードパーティのリモコンカバーも売られているわけだし、何を思ってこんなことをしているのかなあと不思議になりました。


SSLで悩み中

Subversionのホスティングサービスを比較しようとしていたら、どうも使ってるMacBook ProのSSL接続が変なことに気づきました。

1.あるSubversionクライアントで接続すると、チェックアウトさえできない

信頼できない証明書だと、The certificate is not issued by a trusted authority.と出て、そのまま受け入れるかを聞いてくるはずなのですが、いきなりエラーになってしまうSubversionクライアントがありました。

この段階では、Subversionクライアントの作りが悪いなあと思っていたんですが、また別のところにも問題がありました。

2.ルート証明書が使われてない?

信頼できない証明書だと表示される接続先に、同じMacでもブラウザからは問題なく接続できるし、WindowsのブラウザやSubversionクライアントからもOK。

MacPortsでインストールしたwgetでも、デフォルトで入っているcurlでも証明書エラーが出ます。

ルート証明書が読み込まれてなくて、すべて信頼できない扱いになっている模様。

cURL – Extract CA Certs from Mozillaからcacert.pemをダウンロードして、

$ wget –ca-certificate=cacert.pem https;//〜

と証明書を指定してみたところ、接続できるようにはなりました。

3.LWPからは接続できる

MacPortsからインストールしたPerlからLWPでSSL接続したところ、特に問題なくつながりました。ということは、ルート証明書はどこかに入ってるということ?

で、今ここ。

いろいろググっているんですが、自前で証明書を発行する話題ばかりが引っかかってしまい、問題解決に至らず。OpenSSLの設定辺りを探ればいいんだろうか。うーむ。

どなたか手がかりでもいいんで、教えてくださーい。

<続報1>

MacPortsを入れていないMacで、curl https://〜とやってもらったところ、やはり証明書のエラーが出ました。

ということは、正常に動作するperlのLWPが特殊なのかな。wgetを入れたばかりのときはSSL接続もできた記憶があったんですが、勘違いだったのかも。

Technorati Tags: ,


Windows Mobileに助けてもらうiPod touch

iPod touchのハックもされたらしく、勝手アプリもインストールできているようです。

なんかハックの手順を見ていると、このムーヴメントを追うだけでも楽しそうだなあと思うんですが、iPod touch、結局まだ買ってないんですよね。

ほとんど自宅で仕事しているから、新iPodもPDAもいらないというのが理由としては大きいです。

それより、日曜のバーベキュー会場でお会いし、数少ないこのブログの読者だと発覚した某氏からのタレコミが熱かった。今朝になっても覚えていたので、調べてみました。

●ZEROProxy

Windows MobileなスマートフォンでZEROProxyというHTTPプロキシを動かし、iPod touch⇔Windows Mobile⇔インターネットという経路で、どこでもiPod touchでネット接続できるというシロモノ。

Advanced/W-ZERO3[es]とかEM・ONE(エムワン)みたいに、ネット接続できて、無線LANのアドホック接続を作成できるWindows Mobile機ならOKみたい。

伊勢的新常識 – ZEROProxy

http://iseebi.half-done.net/?Software%2FZEROProxy

自動的にダイアルアップできるようにしたり、SSL接続にも対応したり、作者が第一のユーザーというだけあって、非常に期待できる開発ペースです。まあ、実際、電池はどれくらい持つんだろうとか、2台持ち歩くのは嫌だなあとか考え出すと二の足を踏んでしまいますが、あっぱれです。

これまでにも、PocketProxyというものもあったようです。こちらはどこかでSSL未対応と見たような記憶が…(ソースを失念してしまいました)

ZEROProxyを開発した主目的はiPod touchでの利用なんでしょうが、当然ブラウザの使えるパソコンからでも使えます。

ブラウザのプロキシ設定を変更する必要はありますが、モデム接続ではないというのは個人的にいいなあと思います。接続方式じゃなくて、体験したことのある回線速度の問題なのかもしれませんが、有線LANとか無線LANのほうが手軽で良い印象があるんですよね。

そうそう。スマートフォンからのデータ通信はパケット定額でもパソコンからの接続は対象外なんてこともありますよね~。想定外の使い方だとは思うんですが、規制されちゃったりするんでしょうか。

So-netのbitWarp PDAコースのW-ZERO3、ものすごくお得なんじゃないだろうかという気がしてきました。月額2107円、So-netでブロードバンドコースに入ってると1,897円でOKとのこと。

完売次第、予告なく販売終了らしい。

Windows Mobileはテストで使った程度で常用したことはないのですが、これまでは使いづらいなあという印象でした。

ZEROProxyを使ってみると、Windows MobileのIEよりもiPod touchのSafariの速さが体感できるようですが、Windows Mobileには好きなアプリを入れられるという自由さは評価できますね。

●ポータブルな無線ルータ希望

今のところ、使えるアプリはブラウザだけですが、無線LANルータになったりしないんでしょうかねー。

W-SIMネットワークアダプタ つないでイーサ OSX-1が有線だけじゃなくて無線LANで、しかも電源も内臓されないだろうかと前から思っていたんですよ。カバンの底に入るくらいの大きさならOK。

iPhoneが日本でも高速接続と共に提供され始める頃には、iPhoneでの勝手アプリも公式に認められて、無線LANルータとしてパソコンからも使えるようになっていたりするとハッピーなんですけどね。

余談はさておき、面倒な手間なしに、いつでもどこでも高速に安価に接続できるようになって欲しいものです。

Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH)

Technorati Tags: