Leopard インストール&Time Machine中

というわけで、本日荷物が届いたのでiBackupでバックアップを取り(システム設定、アプリケーション設定、ユーザーディレクトリ、アプリケーションディレクトリ)、さくっとLeopardをインストールしちゃいました(MacBook Pro, MA896J/A)。

インストールメディアのチェックとかしたので、かなり時間がかかりましたが、一応完了(2時間弱?)。

事前にネットで評判を見ていたんですが、少々不具合もあるようです。

Do you run on Leopard ? – Mac OS X 10.5 Leopard対応情報 -

[mixi] Mac OS X ユーザー | Leopard対応状況に関する情報交換はこちらで。

この辺を探ってみましたが、僕が使っているアプリも確認済みだったり、少し不具合があるくらいでアップデート予定だったり、致命的そうなアプリがなかったので、思い切ってインストールしちゃいました。

・バックアップ(iBackup便利。Intego Personal Backup X4も持ってるんですが)

・「ディスクユーティリティ」でアクセス権の修復(結構修復されちゃいました。これは何故?)

・上書きインストール(できれば新規インストールがよいでしょうけどね)

新規インストールがいいのはわかってるんですが……。なんとかしちゃえるだろうと思い、上書きしちゃいました。全部のアプリを使ったわけじゃありませんが、今のところ、動作している様子。

いくつかのウィジェットで表示がおかしかったのですが、さっさと非表示にしちゃいました。

いまいち、ウィジェットを使いこなしきれていないので、あまり困りません。

軽く触ってみましたが、全体的に動作がキビキビしてて心地よいです。

Spacesはこんな感じ。

Leopardspaces

これまでVirtue Desktopを使っていたのですが、純正だけあって動作は軽快です。

Virtue Desktopでは、画面の端のクリックでその方向の画面に切り替えるとか、ウィンドウを選んでキー入力で別の画面にとか、ちょっとカスタマイズしていたんですよね。

でも、Spacesの起動(画面の一覧が表示される)をMighty Mouseのポッチに割り当てたので、 画面の移動やウィンドウの移動も気軽にできます。直感的だし、いい感じ。

というわけで、現在Time MachineのバックアップとSpotlightの索引作成にがんばっているところです。

Apple Store(Japan)

Technorati Tags: ,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>