Subversionのホスティングサービスを探してみる(2)

Subversionのホスティングサービスを探して、いくつか実際に試していたのですが、MacのSubversionクライアントの問題との切り分けをしなきゃいけない羽目に陥り、えらく時間がかかりました。

Windowsで使っていたTortoiseSVNは使いやすくて便利だなとは思っていましたが、品質も素晴らしかったんだと今さら認識しました。MacのSubversionクライアントの話は調べ中なんで、ホスティングサービスを2つ試してみた結果をまとめてみたいと思います。

比較したのは、2個。日本語も使えるみたいで評判がよろしいunfuddle.comと、Google Adwords以外では見かけないhosted-projects.com。

Unfuddle: Free Source Control, Bug and Issue Tracking

・無料だと15MB(projectは1個/userは1人という制限あります)

・BTSとリポジトリブラウザはあるけど、wikiはない

・wikiはないですが、Messagesという掲示板みたいな機能がある

・SSLが使えるのは月額$24のプランから

hosted-projects.com – Professional Project Hosting – Home

・月額$7で100MBから

・tracなので、リポジトリブラウザ、BTS、wikiが使える

・SSLは全プランOK

unfuddle.comはいいですね。Webサイトのインターフェースも非常に使いやすいし、日本語もばっちり使えます。UTF-8/EUC/SJISのテキストファイルで試してみましたが、リポジトリブラウザで表示できました。掲示板やBTSなんかも日本語OKのようです。

アクセスするURLとして、アカウント名のunfuddle.comのサブドメインが振られるので覚えやすいです。

1人じゃなくてチームで使うんだったら、月額$24のプラン申し込んでると思います。

hosted-projects.comは、リポジトリブラウザで日本語の扱いがダメでした(正しく表示されるときもあるんですけど)。BTSやwikiで日本語を入力する分にはOKでした。まあ、これはtracの問題でしょうか。アクセスするURLはドメインは共通でパスにアカウント名が入ってくるので、長くて覚えにくいかな。

リポジトリブラウザを使わないものだと割り切れば、$7でSSLが使えるし、求めているものに近いのかもな。URLが長いって言っても、覚えなきゃいけないようなものじゃないし。

ただ、ささいなことかもしれないけど、unfuddle.comの使いやすさを体感しちゃうとなー。お金払うなら、こっちかなと思ってしまいます。日々使ってて、楽しいとまでは行かないけど、お気楽なのはunfuddle.comだな。

とりあえず、unfuddle.comの無料プランで使い続けてみることにします。

設定ファイルとか、自分のだけども見られても構わないものを入れておこうかな。

Technorati Tags: ,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>