財務3表一体理解法

珍しく、一日2エントリー。


“決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (朝日新書 44)” (國貞 克則)

読みました! ほんと、わかりやすかったです。

これまでもPL/BS/CSは知識としては知っていたのですが、大枠を理解できたというか、決算書がただの数字の羅列じゃなく、企業の活動に応じて数字が動いていき、会社の動きが浮き上がってくるものなんだなあというのがわかり始めた気がします。これまでは自分の知ってる仕事と決算書の間に大きな溝があったように思います。

前職にいるうちに(つまり発売後すぐに)読んでいれば、実情をよくしっている会社の財務諸表も読む気がしたのになあ。ちょっと残念。チーム会なんかでは一部分の数字しか聞かされなかったのですが、もっと見せてもらえばよかったな。知ってる上場会社の財務諸表でも見てみようかなと思いました。

未読なのですが、最近発売された同じ著者の本。新書では説明が読みにくい場面もあったので(わかりにくいわけではありません)、こちらの超図解も気になります。


“超図解「財務3表のつながり」で見えてくる会計の勘所” (國貞克則)

毎月アカデミーヒルズでも著者によるセミナーが開催されているので、一日で説明してもらうこともできます。もちろん本と比べると高いですが、直接教わるほうが深く理解できるかも。

決算書なんて縁遠いとか、開発・制作に役立つ知識だけで十分という方は、まずはこの辺りをオススメ。
明日の作業に役立つわけじゃありませんが、仕事人として深みが増すと思います。


“My Job Went To India オフショア時代のソフトウェア開発者サバイバルガイド” (Chad Fowler)


“10日で学ぶMBA (SBP business)” (スティーブン・シルビジャー)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>