さっそくGoogle Sitesを使ってみた

Google AppsにGoogle Sitesが追加されたので使ってみました。

※Google Sites、まずはUS版だけらしく、 Domain settingsのControl panelでNext generation (US English only)を選んでおく必要があります。そうすると、DashboardでSitesサービスを追加できるようになります。
※僕が使ってるAppsは無料のStandard版です。

ニュースもいろいろ出てるので、2つほど。

グーグル、協業サイト構築ツール「Google Sites」を公開–JotSpotの資産を活用
Google、コラボレーションツール「Google Sites」立ち上げ
Google、コラボ型サイト作成ツール『Google Sites』をリリース

簡単にウェブサイトを構築できるとか、情報を共有できるコラボレーションツールとか書いてあります。

ページ作成だけなら、これまでもGoogle Page Creator(Appsの中ではWeb Pages)というツールがあったんですが、Sitesは情報共有がコンセプト。「ブラウザで見ることを前提にしてるので、Webサイトというメディアになっている」と捉えるといいでしょうか。

英語ですが、動画でプロダクトマネジャーの説明を見た方がわかりやすいかもしれません。

作成できるページは、Web Page/Dashboard/Announcements/File Cabinet/Listの5種類。

googlesites1.jpg

Dashboardは、Widgetみたいなのをまとめたページを作る機能。ほかのページを部品にして、まとめたページを作れます。

AnnouncementsはWhat’s newみたいなのをPostして時系列に並べていく機能。

File Cabinetは添付ファイルをアップロードできる機能。

Listは、Action Items/Issue List/Unit Statusという課題管理向けのテンプレートを元に(カスタマイズも可)リストを作ったり、Create your ownを選んで独自に入力項目を設定することも。

ほかにも、使える機能は……。

  • 作成するページに階層構造を持たせることができる。
  • (Web Pageの内容だけ)履歴が残り、元に戻したり、差分を見たりできる。
  • File Cabinetに同名ファイルをアップロードするとバージョン管理される。
  • 更新時に通知を送ってもらうことができる(サイト全体orページごと)
  • 公開範囲を設定できる(完全公開もできるし、メンバーだけとか、メンバー追加権の設定とか)
  • もちろん、検索もできます。

JotSpotを買収して作ったようなので、Wikiがベースらしいんですが、Wikiの記法は一切使わずに、GUIでページを作成できます。

画像をページ内に埋め込むのは、ドラッグ&ドロップではないですが、Insert Imageを選んでファイル選択するという簡単さ。Googleのほかの機能(Calendar/Docs/Picasa/Video)も同様に追加できます(VideoはGoogle Video、YouTube Videoの順(^^))。

googlesites2.jpg

機能や柔軟度を求めるなら、情報共有ツールではパワフルに使えるwikiのConfluenceが好きだし、しっかり課題管理をやるならJIRAが好きなのですが(ワークフローを設定したりとか)、手軽に立ち上げることができるのはすごい。

ソフトウェア開発者はSubversionと連携させて欲しいとか違う要望があるでしょうし、僕はクラウドコンピューティング支持者なので贔屓目かもしれませんが、汎用的で小規模なコラボレーションツールとては十分便利で使えると思います。

さらに便利さを求めるとすると、tracやRed Mineなんかが扱えるレベルでは、自分で設置してメンテナンスするのが面倒に感じてるんですよね。以前いろいろ検討したのですが、Subversion使いたいならunfuddle.comとか、プロジェクト管理だけならBasecampとかを使うのが気持ちよさそうです。


iモードID

『iモードID』の提供開始について (NTTドコモ)

最初、iD関連の新サービスかと思ったら、全く違いました。

これまでドコモでは、公式サイトならアクセスした人を認識する方法があったんですが、非公式サイトだとUTNを使うしかなかったんですよね(クッキーも使えず)。

画面フローを見る限り、ほぼ公式サイトと同様のUIにできるみたいです。

UTNも嫌いじゃないんですが、ユーザーの一手間が面倒だったんですよね。以前は非対応端末があったのも気になってましたが、それは今は気にしなくてもいいレベルかな。

ともかく、来月末の仕様公開が楽しみです。個人的にはSSL通信でも取得できるのかが気になります。

主要3キャリアのモバイルブラウザは枯れてきたかと思ったら、まだまだ変化ありますね。携帯変換サーバへの機能追加もウォッチしないとな。

ウィルコムはもちろん、ディズニーモバイルとか、イーモバイルとか、あとはドコモだけですが日本通信のコネクトメールとか。メイン3社以外がいろいろ増えてきて、楽しいですね。

ところで。ドコモのマイボックスはどうなるんでしょうねー。


Apacheのmod_rewrite

Zend FrameworkでMVCを使うには、mod_rewriteを使って、全てのリクエストをフロントコントローラー に転送することになるんですが、ローカルでテストするときだけ、なぜかうまく行かなくて悩んでました。

RewriteEngine on
RewriteBase /apps/
RewriteRule !\.(js|ico|gif|jpg|png|css)$ index.php

dp.SyntaxHighlighter.ClipboardSwf = ‘/blog/syntaxhighlighter/clipboard.swf’;
dp.SyntaxHighlighter.HighlightAll(‘code’);

こんな感じでApacheに設定すると、/apps/loginにアクセスするとloginコントローラーのデフォルトアクションが呼ばれます。

テストサーバ上ではうまく動いているのと、/apps/index.php/loginとリクエストすれば同じ形になるので、ローカルでおかしいのは追求せずにいたんですね。

mod_rewriteはちゃんとロードされていたので、ちょっと現実逃避でmod_rewriteの使い方を調べてみたら、Options FollowSymLinksが必要らしいです。Apacheのエラーログにもちゃんと出てました(←全く見てない)。

「mod_rewrite Options FollowSymLinks」でググったら、一発で出てきました。

mod_rewriteを使うには「Options FollowSymLinks」が必要

いやあ、ちゃんとエラーログくらい見なきゃいけませんね。


Mac miniのコロケーション

○長い前振り

なぜか急にTomcatとかでJavaのアプリを動かせるサーバが欲しいなあと思いまして、探すことに。もちろん、インターネット上に公開すること前提です。

安いレンタルサーバではJavaなんて無理なので、共有サーバでwarファイルをアップロードするタイプとか、専用サーバで好きな環境のを選ぶか、などなど検討。スペックに応じて値段が高くなるし、なかなか良い選択肢を見つけられず。

半ばあきらめの入った気持ちで、自宅でサーバを動かして公開する道も考えてみることにしました。

サーバの管理はセキュリティパッチとか考え出すと面倒なので、レンタルサーバとかVPSなんかでも、ついフルマネージドタイプを選びたくなるんですよね。自宅にあるサーバでも、手元にあるからこそ、管理が楽なのがいいなと思い、Mac miniでいいじゃないかということを思いつきました。

Mac mini、知らないですけど、たぶん静かだと思うし。安いし。MacBook Proから抜いて余ってる1GBのメモリ2枚も転用できるし(←探してみたら、Sofmapで売り払ってる模様)。普段使っているMacBook Proと環境同じだと楽だし。

○コロケーションできるんじゃ?

今あるパソコンで外部に公開できるか、試しに自宅のルータを設定してみたんですが、マニュアルをよく読まずにやったら失敗。ちゃんとやれば、できるんでしょうけれど、萎えてしまいました。

そこで、どこかで預かってもらえばいいんじゃ?ということで、コロケーション・サービスを探してみました。

macminicolo Mac mini colocation

そのまんまな名前です。日本で再販やってるような会社もありました(Mac miniでコロケーション)。ラスベガスのiDCのようです。リモートリブートとか、代替機を用意してもらう保険みたいなのとか入ると、お得そうな2年契約(笑)のPro Packageで月額$59.99。DNSサービスで自分のドメイン使っても+$3。最短12ヶ月契約のようです。

FAQにあるMacをサーバにするためのTipsが書いてある簡易説明書も、基本的なことですが勉強になりました。

あ、Mac mini自体は自分で買ったものを送付するか、あっちで買ってもらうか選べます。

ググってみても人柱はいないようです。2年くらい前に、はてダに書いている人は発見しました。そこにも書いているんですが、日本でやってるサービスはないのかと。

Mac mini専用コロケーションサービス|データセンターは都内に!

探せばあるものですね。「Mac mini colocation」とか「Mac mini Dedicated」でググると、英語圏では見切れないくらいサービスがありました。

平日日中なら無料でデータセンター(@西大井)に入って作業しても良いらしい。

月額10,000円(税抜?)ですが、アメリカにあるサーバでトラブルがあったことを考えると手頃かなとも言えます。最短6ヶ月契約。

Mac miniでサーバハウジング | ColloMac iDC

もう1件発見しました。ウェブの情報があまり詳しくないので、比較できず。月額は10,500円。

しかし、ここまで調べて面倒になってきたらしく、しばらくはローカルサーバでいいやという気になってきました。

本気になる頃に、もっと良いサービスが出てきてるといいんだけどな。

Mac miniはずっと継続するのかというのも少し不安材料。

安さと小ささから行くとApple TVをハックして、Mac OS Xを動かすという手もありますが、遊びですよね。


Adobe AIR 1.0正式版

ようやく出ました。インストールは、http://get.adobe.com/air/ から。

まあ、ずっと触ってきているので新たに気づいた点はありません。まずはAdobe AIR Marketplace betaにも掲載されてるGoogle Analytics Reporting Suiteをインストールしてみました。

気が早いですが、次は日本語対応もするでしょうし、そしたら日本でも本格的に利用されるんでしょう。

最近はサーバ側の開発にフォーカスしてるんで、あまりAIRやFlexは触ってないので、少し焦ります(^^)。


Cybergate Phone

前回に続いて、IP電話ネタです。

Cybergate Phoneというのを使ってみることにしました。

一番簡単な利用方法は、会員登録して、M2XTelTelというソフトウェアをインストールして使う方法です。

登録するだけの無料プランは、会員同士は無料通話で、IP電話というよりもSkypeのような音声メッセンジャーのようなものですが、月額506円(ユニバーサルサービス料込み)のオプションプランに入ると、いろいろとおもしろい機能が使えます。

・一般電話へ発信

これは、まあSkype Outですね。

・どこでも03番号が取得できる

03番号で着信できます。03で始まる電話番号でかけると、パソコンで呼び出し音が鳴ります。Skype Inで入るらしい「インターネット経由で接続します」というアナウンスもなし。番号は、複数の中から選べます。

・ボイスメール

着信に出ないと留守番電話。吹き込んだ内容はwavファイルでメールに添付されます。

・着信転送

好きな電話番号に転送できます。M2XTelTelにログインしていない場合でも、転送先で受けることができますし、M2XTelTelにログインしていても、少し遅れて転送先にもかかります。転送のコストは着信側負担。

・着信先を携帯電話から変更する

モバイルサイトでログインして、転送先を変更できます。

03のIP電話は、ひかり電話とかGATE CALLとかありますけど、ソフトウェアだけで利用できるのが珍しいですね。

使ってみて気づいたんですが、転送された電話が着信するときは自分の03番号から発信されていることになります。なので、携帯電話に転送しているのであれば、自分の03番号を電話帳登録しておけば、転送電話だなとすぐにわかります。

あと、登録した直後に使えない機能がありました。ボイスメールと転送がうまく使えませんでした。しばらく待ったら使えたので、もしかしたら、ボイスメールは無料でも使えるのかもしれません。

Cybergate Phoneは専用のハードウェアも発売しています。小型のVoIP機能付の無線LANルータで、ルータをインターネットに接続し、普通の電話機をモジュラージャックに接続すると、着信できるようです。ご丁寧に世界各地で使える電源アダプタも付属しているので、海外でも03番号で着信できるという、なんだか怪しい製品です。

いやあ、SIP、おもしろいですね。


“PLANEX 通話王 IP電話アダプタ機能付 無線LAN トラベルルータ BLW-54VP” (プラネックス)


SkypeOutを使う

最近、SkypeOutを使うようになりました。

Skypeのサイトは「SkypeOutで国際通話割引」となってますが、別に国際通話するわけではなく、東京から九州の実家とか、携帯電話とかに使っています。

ここ半年くらい仕事でSkypeミーティングをする機会が増えたのですが、MacBook Proだとマイクもスピーカーもついてるので、画面に向かって話すことができて楽ちんなんですよね。

実家に電話するのはそれなりにお金かかるけど、両親に常にパソコン立ち上げてもらうわけにはいかない(実家は光ファイバーですが、パソコンはWindows Meです)。携帯電話も使う量が減ってタイプSSバリューという一番安いプランにしてるので、自宅で携帯電話を使いたくない(30秒で21円ですよ)。そんな理由で、SkypeOutを使うことになったわけです。

料金は1分単位で一般は2.66円、携帯/VoIPは17.5円なんですが、一回当たり接続料金4.9円がかかるので、近距離に短時間だと安いとも言い切れません。長距離とか携帯電話はほぼ確実に安くなるでしょうか。

でも、いざ使い出すと、料金でというよりも受話器のところで立ったまま電話するのが面倒という理由で、ますますSkypeOut率が高まりました。あらかじめ、1500円をチャージしてかけるんですが、残高が減っていくのが目に見えるのもいいです。

というわけで、ここまでがSkypeで電話かけましょうという話です。

ここから、Skypeを電話として使うには?

まずは、電話番号。050局番の番号が取得できるSkypeInが3ヶ月2250円・1年7500円。少し高いです。

月額300円のSkype Proに入ると4500円引きらしいので、Skype Proにも1年入って年6600円。まあ活用できれば、使ってみてもいいレベルかな。

Skype Proに入ると、着信転送やボイスメールなんかも一緒に使えます。国によっては固定電話への通話が無料になるようですが、日本は未対応。Skype Proのオプションとして、日本の自分の携帯電話から国際通話をするための専用番号を取得できるTo Goも使えるようです。着信には使わないし、海外はSkypeを使うので、今のところ僕には不要かな。

SkypeInがあれば、Skype Outで番号通知できるというニュースを見たんですが、できたけど不安定だとか、できないという話を見かけました。PSTN(公衆交換電話網)によって、なんか挙動が違うんでしょうか。うーむ。

あと、Skype Inでは「インターネット経由で接続します」とアナウンスされるようです(と、次のブログネタにつなぐネタ)。


怖いくらい通じるカタカナ英語の法則

“怖いくらい通じるカタカナ英語の法則 (ブルーバックス (B-1574))” (池谷 裕二)

カタカナ英語といっても「アイキャントスピークジャパニーズ」ではなく「シャラップ」な感じです。

日本人が発音できる音を使って、いかに英語らしく聞いてもらうかに力を置いています。

著者は英語の先生ではなく、脳の研究者。留学時に英語が通じないことから、カタカナ英語の法則を編み出していったとのこと。聞き取る力は大人になってからは伸びないけど、発音するという運動能力は伸びる余地がある。なんとか聞いてもらえる発音をしよう、という感じです。

付録のCD(8cmなのが欠点)に、本書のカタカナ英語を日本人が発音したものとネイティブが普通に発音したものが入っています。僕も少しは英語の音に慣れているのか、違いはわかるんですが、ネイティブの微妙な発音は僕には無理。そして、日本人の発音も英語的に聞こえます。

冒頭の「はじめに」「意識改革編」、そして最後の「理論編」「おわりに」の読み物部分もおもしろいです。学習に興味がある人とか、UIに興味がある人なんかも楽しめるかも(acquireとlearnの違いとか)。


MailplaneとYojimboを試用中

MailplaneとYojimboというシェアウェアを試用中です。

実は、どちらも「そんなソフト、必要なの?」と思っていたので何度も試用しそうになっては止めてたんですよね。いざ使ってみると案外いいかもと思わされてしまっています。うーむ。

まずは、Mailplane。$24.95。

Gmailを使うための専用アプリなのですが、オフラインでも使えるわけではなく、悪く言えばGmailにしかアクセスできないブラウザです。

Mailplane.jpg

専用のアプリになってる分、利点はあるわけです。こんな感じ。

・複数アカウントを使い分けられる(Google Apps for your domainも可)
・ファイルをドラッグ&ドロップで添付できる
・アプリの切替やDockのアイコンで未読数がわかる
・Growlで通知が表示できる
・バックグランドでも動く(ウィンドウを全て閉じてもOK)

Gmailはウェブメールなので専用アプリというのは矛盾を感じますが、予想以上に便利でした。機能としてはサーバ側で提供されていて欲しいだけであって、別にブラウザである必要はないということなのかもしれません。

WindowsでもオープンソースでGmZillaというのがあるようです。

続いて、Yojimbo。$39。

Yojimbo.jpg

メモとかブックマークなんかをどんどん貯め込めるスクラップブック、ジャーナルソフトです。Macユーザーの用心棒ってことなんでしょうか。

良い点。
・ウェブアーカイブもできるので、オフラインでも便利。
・一件ごとに暗号化できる
・Spotlightからも検索できる
・タグが使える(フラグと色ラベルも)
・印刷からYojimboにPDFを送ることができる
・bookmarkletからブックマークやウェブアーカイブを作成できる
・.MacでデータをSyncとかもできるらしい

不満。
・ラベルで表示を絞れない(ソートはできる)
・複数アイテムにまとめてタグをつけることができない
・ウェブアーカイブの元のURLがわからなくなる
・暗号化してしまうと、検索できない(当たり前ですけど)

del.icio.usも使っているのですが、ソーシャルブックマークよりももう少しパーソナルなものとか、あとで読もうとデスクトップとかフォルダに散らかしてるものなんかを貯めておくのにいいかも。

あとは、外で仕事してるとき、現実逃避しないためにネットに接続しないことがあるんですが、そういうときでも資料がウェブアーカイブされてるといいかな。

暗号化はKeychainと連動させて、自動的に中身が見えるようにしたり、Viewをクリックするだけで見えるようにしたり、設定できます。

んー、どっちもMac OS Xらしいソフトウェアで便利なんですよね。レジストしちゃいそうです。

こうやって、どんどんOS Xになじんでいくんだろうか。


コードハイライト

ソースコードをきれいに表示しようとdp.SyntaxHighlighterを使ってみることにしました。

あなたのソースコードを彩る、Syntax Highlighterまとめ
http://blog.37to.net/2007/06/syntax_highlighter/

を参考にさせてもらいました。

元のソースを極力いじらず、後で再編集もできるものがいいと思ったので、表示したいソースを変換してブログに書き込むものではなく、JavaScriptで表示時に変換するタイプを選びました。

google-code-prettifyもいいなと思ったんですけど、コードハイライトだけじゃなくて行番号も表示したかったのです。

あとはWordPressを使ってみようかなあとほのかに思っているので、iG:Syntax Hiliterというプラグインも気になりました。

●使い方

使い方は難しくなくて、手順は2つ。

・表示したいソースコードを<pre>タグ(か<textarea>タグ)で囲む。
・関連するJavaScript/CSS/SWFファイルを読み込むタグを書く。

ソースコードはほぼそのままでOKなんですが、<だけは実態参照で&lt;と記述する必要があります。&、”、>はそのままでも大丈夫っぽい。

たとえば、

<pre name="code" class="php">
&lt;?php
if (true) {
echo "Test";
}
</pre>

と記載すると、

<?php
if (true) {
echo "Test";
}

という表示になります。

行番号の開始数を変更すること(firstline[value])もできますし、行番号やメニュー部分を非表示にしたり(nogutterとnocontrols)、ソースコードのブロックを折りたたんで表示したり(collapse)、いくつかオプションも設定できます。

不満というか、意外だったのは対応言語にperlがないことくらいかな。Cとかに設定しておけば、まあいいでしょうか。

面倒なのが一点。ブログをectoというツールで書いていて、普段はRich Text Editorというので書いています。HTMLと切り替えてると余計なタグが消えたり、書き換わったりしちゃうんですよね。

ecto側の設定でなんとかなるのか調べてもいませんが。ある程度書いておいてから、ソースコード部分だけは最後に反映させるということで我慢しようかと思います。

dp.SyntaxHighlighter.ClipboardSwf = ‘/blog/syntaxhighlighter/clipboard.swf’;
dp.SyntaxHighlighter.HighlightAll(‘code’);