Mac miniのコロケーション

○長い前振り

なぜか急にTomcatとかでJavaのアプリを動かせるサーバが欲しいなあと思いまして、探すことに。もちろん、インターネット上に公開すること前提です。

安いレンタルサーバではJavaなんて無理なので、共有サーバでwarファイルをアップロードするタイプとか、専用サーバで好きな環境のを選ぶか、などなど検討。スペックに応じて値段が高くなるし、なかなか良い選択肢を見つけられず。

半ばあきらめの入った気持ちで、自宅でサーバを動かして公開する道も考えてみることにしました。

サーバの管理はセキュリティパッチとか考え出すと面倒なので、レンタルサーバとかVPSなんかでも、ついフルマネージドタイプを選びたくなるんですよね。自宅にあるサーバでも、手元にあるからこそ、管理が楽なのがいいなと思い、Mac miniでいいじゃないかということを思いつきました。

Mac mini、知らないですけど、たぶん静かだと思うし。安いし。MacBook Proから抜いて余ってる1GBのメモリ2枚も転用できるし(←探してみたら、Sofmapで売り払ってる模様)。普段使っているMacBook Proと環境同じだと楽だし。

○コロケーションできるんじゃ?

今あるパソコンで外部に公開できるか、試しに自宅のルータを設定してみたんですが、マニュアルをよく読まずにやったら失敗。ちゃんとやれば、できるんでしょうけれど、萎えてしまいました。

そこで、どこかで預かってもらえばいいんじゃ?ということで、コロケーション・サービスを探してみました。

macminicolo Mac mini colocation

そのまんまな名前です。日本で再販やってるような会社もありました(Mac miniでコロケーション)。ラスベガスのiDCのようです。リモートリブートとか、代替機を用意してもらう保険みたいなのとか入ると、お得そうな2年契約(笑)のPro Packageで月額$59.99。DNSサービスで自分のドメイン使っても+$3。最短12ヶ月契約のようです。

FAQにあるMacをサーバにするためのTipsが書いてある簡易説明書も、基本的なことですが勉強になりました。

あ、Mac mini自体は自分で買ったものを送付するか、あっちで買ってもらうか選べます。

ググってみても人柱はいないようです。2年くらい前に、はてダに書いている人は発見しました。そこにも書いているんですが、日本でやってるサービスはないのかと。

Mac mini専用コロケーションサービス|データセンターは都内に!

探せばあるものですね。「Mac mini colocation」とか「Mac mini Dedicated」でググると、英語圏では見切れないくらいサービスがありました。

平日日中なら無料でデータセンター(@西大井)に入って作業しても良いらしい。

月額10,000円(税抜?)ですが、アメリカにあるサーバでトラブルがあったことを考えると手頃かなとも言えます。最短6ヶ月契約。

Mac miniでサーバハウジング | ColloMac iDC

もう1件発見しました。ウェブの情報があまり詳しくないので、比較できず。月額は10,500円。

しかし、ここまで調べて面倒になってきたらしく、しばらくはローカルサーバでいいやという気になってきました。

本気になる頃に、もっと良いサービスが出てきてるといいんだけどな。

Mac miniはずっと継続するのかというのも少し不安材料。

安さと小ささから行くとApple TVをハックして、Mac OS Xを動かすという手もありますが、遊びですよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>