書籍検索:図書館とブックオフオンライン

雑誌のバックナンバーを入手する必要があって、出版元から買うしかないかなあと思っていたのですが、探してみたら近所の図書館にありました。そんなわけで、久しぶりに図書館を使うことにしました。大学生の頃は、区立図書館で借りたり、都立図書館で勉強したりしていましたが、社会人になってからは利用するのは初めてかも。

いつか使ってみたいなとブラウザで図書館の所蔵図書を検索できるようにカスタマイズしていたのですが、役に立ったのを機に「書籍の検索の仕方」を、特に地元の図書館(東京のみ)とかブックオフオンラインで中古の在庫とかを検索できるようにカスタマイズする方法をまとめておこうと思います。

Firefoxからだと最初からAmazonで検索できますし、Googleの検索結果でAmazonとかオンライン書店は結構上位にあるので、書名さえわかれば書籍の情報自体はすぐに探せます。

IE7以降/Firefox2以降/Googleツールバーで検索するプラグインを作成することができるReady2Searchというサービスがあるんですが、よく使われそうな設定がまとめてあるので使わせてもらっています。

ところで。最近、軽さからMacではSafariをメインに使っています。残念ながらSafariでは検索プラグインが使えないのが残念。前のメインブラウザであるFirefoxで使っています。Firebugが便利なんで、Firefoxも使い続けています。

ブラウザからの書籍検索

ブックオフオンライン以外にもオンライン書店とか、著作権切れの書籍、レビューサイトなども検索できます。Ready2Searchのリンク先にアクセスして、IE/Firefoxなら「OpenSearchプラグイン」、Googleツールバーなら「Googleツールバープラグイン」のリンクをクリック。

ブックオフオンラインでは、入荷したらメールを送ってくれる機能が便利なので、検索しては登録しています。Amazonの「ほしい物リスト(旧ウィッシュリスト)」みたいにカテゴリー分けできるといいんですが。

ブラウザからの東京の都立・区立図書館OPAC検索

検索対象にしたい図書館を選ぶことになるので、リンク先の情報を元にパラメータを調整します。

僕の住まいは区の外れにあるので、中野・渋谷・新宿の区立図書館が使えます。港区方面にも行くので、都立に加えて、その4区を対象としました(中野・渋谷・港・新宿・都立図書館)。

最近の図書館は、オンラインで予約や回送の依頼ができます。初回の登録は現地に行く必要がありますが、予約してしまえば、予約順位の確認もできるし、準備ができ次第、メールや電話で連絡をくれるのも便利。

雑誌も実用的なものは案外揃っていて、貸出もできるんですよね。せっかく住民税を納めていることだし、もっと図書館を活用しようと思いました。購入希望も出せるようなんですが、どれくらい通るんでしょうか。

一つ前のエントリーで書いたtrixboxの本も、都立図書館で貸出不可だけど閲覧はできるようなので、一度読みに行ってみようかな。杉並・品川・北区でも所蔵してます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>