Google App Engine

Amazon EC2を試そうかと思っていたら、Google App Engineが始まったので、試してみることに。

残念ながら、プレビューリリースは10,000人のみらしく、順番待ちになってしまいました。

BigTableベースのストレージとか、自動で負荷分散とか非常におもしろそう。

サーバには設置できませんが、ローカルで試すことにしました。

とりあえず、Mac OS Xにインストールしてみて、Hello, World!まで実行。

設定を変えて、URLによってハンドラを変えてみたりしてみました。

●Getting Started

Getting Startedにしたがって進めます。

●開発環境

SDKをダウンロードして、インストーラにしたがってインストールします。

/usr/local/google_appengine

に一式インストールされ、

/usr/local/google_appengine/dev_appserver.py
/usr/local/google_appengine/appcfg.py

にコマンド(のリンクファイル)が設置されるので、パスが通った状態になります。

Mac OS Xだと最初からPythonがインストールされているので楽。

●Hello, World!

処理を行うPythonスクリプト(helloworld.py)を作成して、そのスクリプトで処理が行われるように設定ファイル(app.yaml)を書きます。

次は、dev_appserver.pyを実行して、アプリケーションサーバを起動します。Getting Startedでは、

google_appengine/dev_appserver.py helloworld/

でしたが、helloworldディレクトリの中にいて、dev_appserver.pyにもパスが通っているので、

dev_appserver.py .

でOK。

先に進む前に、app.yamlの

handlers:
- url: /.*
script: helloworld.py

を変えて、

handlers:
- url: /test.*
script: test.py
- url: /hello.*
script: helloworld.py

としてみました。

http://localhost:8080/だと、

Not found error: / did not match any patterns in application configuration.

が出ますが、http://localhost:8080/testとかhttp://localhost:8080/helloで始まるURLのときに、それぞれtest.pyかhello.pyで処理が行われます。直感的ですが、URLでマッピングできると。

とりあえず、今日はここまで。

すでに、自ドメインでの提供もできるようなので、早く使えるようにならないかな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>