Safari

昔、Firebugを知った頃に、Safariでもないのかなあと探したことがあるんですが、Safari3で似たようなことができる「開発」メニューというのが追加されたらしいです(このメニューを使いそうな人は、インストールしたら気づくと思うんで、ちょっと古い情報ですが)。

この開発メニュー、隠し機能というわけではなく、環境設定の詳細でチェックを入れるだけ。

safari_menu.jpg

Webインスペクタのネットワークタイムラインでファイルの読み込み時間が時系列で見ることができます。

safari_mixi.jpg

ほかにも、ユーザーエージェントを切り替えたり(Safari/Internet Explorer/Firefox/Operaがプリセット)、JavaScriptとかスタイルシートを無効にしたり。

GmailをiPhoneインターフェースで試して遊んでみました。

最近、Firefox2のあまりにもっさりとした遅さにSafariをメインにしているので、これは嬉しい機能でした。

Firefoxはついいろいろアドオンを入れてしまっているのですが、SafariはGreaseKit程度しかカスタマイズしてません。標準で開発メニューが使えるのはありがたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>