『シャングリラ・ダイエット』出版記念セミナーに参加してきた!

シャングリラ・ダイエット

『シャングリラ・ダイエット』出版記念セミナーに参加してきました(申し込みしたときのエントリー)。

『シャングリラ・ダイエット』出版記念セミナーへのお誘い

「食欲をコントロールする」という発想がステキだなと思って申し込んだわけですが、セミナーに参加して気になったポイントを並べます。

・ストレスフリー

ダイエット後でも心の平静を保てるので、リバウンドしない。

・手法じゃなくて理論

どうやって食欲をコントロールするのかという理論なので、自分の好きなように応用できる。

ダイエットに限らず、手法のほうが最初は楽だと思うんですが、自分のスタイルに合わないとやらなくなっちゃうんですよね。

・名前がかっこいい

シャングリラ、というと電気グルーヴを思い浮かべちゃいますが、理想郷ですよ。いかにも流行ってそうな名前です。「シャングリラ・ダイエット知ってる?」みたいな。

・食欲とは?

体がなりたい体重=セットポイントと、実際の体重の差が食欲。セットポイントを実際の体重以下とすることで、食欲がなくなるという理屈らしいです。

・透明な味

で、どうやってセットポイントを下げるのかというのがシャングリラ・ダイエットなわけですが、砂糖水とかオリーブオイルをあるタイミングで飲むだけ。

味と実際に食べたカロリーが結びつくと、本能的に食べたものを体に残しておこうと思い、セットポイントが上昇し、太ってしまう。味がなくカロリーだけの砂糖水やオリーブオイル(透明な味でカロリーのあるもの)を摂取すると、体に残しておく必要はないんだなと体が勘違いして、セットポイントがさがって、痩せる。

「味を連想させないでカロリーを取る」というのがポイント。味覚を刺激してはダメなのかな。砂糖水を飲む前後に歯磨きするのも、歯磨き粉で刺激されてしまうからNGらしい。

なんとなくそんな気もしつつ、トンデモっぽい雰囲気もありますが、書籍の最後に科学的根拠が書いてあります。

まあ、どういう理屈だろうが、勘違いだろうが、効けばいいんですけど。

・オリーブオイル

オリーブオイルと聞くと、焼いたパンにつけて食べると美味しいよなあと、美味しい調味料を想像しちゃいましたが、シャングリラ・ダイエットで使うのは、味のないものだそうで。

・ハードル

以下の2点がハードルになるかもと言っていました。

残しちゃダメという教育(洗脳?)が足かせになる。

仕事中に、ランチ、おやつと休憩を入れる必要がなくなるので、仕事のリズムが狂ってしまう。

両方とも当てはまりそうなんですが、残しちゃうような店には行かないようにすればいいし、仕事の合間に散歩とか別の休憩を入れるようにすればいいかな。

・個人的な感想

僕は食べるのは大好きなので、食欲が単純になくなるのはつまらない。人生の楽しさでもあるので。

わがまま過ぎて、質問の時間に言えませんでしたが、美味しいものを今よりも質・量ともに増やしても、体重をキープできると嬉しいんですけどね(笑)。

食べるのが大好きといっても、美味しいものを食べるのが好きなんですよね。仕事中とかは、食べないと動けなくなるので、なにか摂取しなきゃという傾向のほうが強い。食べるとなったら、できるだけ美味しいものをと試みるわけですが。

食欲をコントロールできるようになって、仕事中は集中して、必要なときに最低限必要な量を食べて、友達との食事みたいに楽しい場ではシャングリラなにそれ?くらいの勢いで食欲がこれまで通りにあるといいなあと思います。

ちなみに今の僕は体重はこれくらいでいいかなと思う程度で太ってはいません。筋肉とか体力をつけたいなあという欲求はありますが。

最近、レコーディング・ダイエットが流行ったみたいですが、岡田さんの本を立ち読みした程度。シャングリラ・ダイエットは楽だし、食欲をコントロールするというのが自分の本能をハッキングするみたいでおもしろそうなので、試しにやってみるかという気がしています。

・個人的な興味

味がなくカロリーがあるものを取るとセットポイントが下がるということは、味がするけどカロリーはないものはセットポイントがあがるんだろうか? たとえば、ステビアみたいな甘味料とか。チョコ味の歯磨き粉とか。

というわけで、『シャングリラ・ダイエット』、6月5日配本予定だそうです。

でも、セミナーの帰りにパイロット版の書籍をいただいたので、明日読んでみたいと思います。

本の内容とは関係ないんですが、百式の田口さん、アイデア×アイデアを読んだり、いつもサイトを見たりしていたんですが、勝手に恰幅が良くて包容力がある人みたいに思いこんでいたんですよ。ダイエット本ということで、さらに思いこみが深まった中、実際にお会いしたらスリムな美男子でビックリしました。


第18回WebSig会議「ビジネスに繋げるアクセス解析マインド」

先週24日土曜日、初めてWebSigに参加しました。

iPod touchが壊れたり、風邪引いたりでエントリーが遅れました。

今回は、第18回「ビジネスに繋げるアクセス解析マインド」というテーマ。前の会社でお世話になったあんけい氏がスピーカーです。資料はWebSigのサイトで公開済みで、いずれ動画がYouTubeにもアップされるそうです。

また、当日はセミッターでリアルタイムにTwitterからコメントつけらるという試みもしていました。慌てて出かけたせいで携帯電話の電池が切れそうで参加できず、会場でWiFiが利用できたのでiPod touchから参加しようとするも失敗。個人的に残念な結果に。

以下、個人的に引っかかったことや、僕はエンジニア寄りな目線で見てしまうのですが話を聞いて勝手に連想して思いついたことなど、つらつらと。アクセス解析は専門でないので用語が変かもしれないです。

・短期的ではない解決

広告などで流入を増やすという短期的な対応でも結果は向上するけれども、よりコンバージョン率が上がるようにサイトを最適化するのも重要という話。

最適化は継続的に必要な作業ではないということでしたが、まだまだウェブは進歩しているので、最適化も継続的に行う必要があるような気がします。

でも、最適化のほうが効率的に感じるので、ある程度の予算を割り振るべきだと思います。

・A/Bテスト/MVTテスト/タグチメソッド

タグチメソッドは初耳でして、帰って調べてみました(まだよくわかってないのですが)。

元は品質工学の手法なんでしょうか。LPOツールで使われていたりするようです。LPOといえば、AIでやるツールも出てきているらしい。アクセス解析にしても、Webで科学的手法を使っている人はまだまだ稀な気がするので、こういう流れもあるということで興味アリです。

Googleが無料で提供しているウェブサイトオプティマイザー、便利そうですが、よくわかってません。

・KGIあってのKPI

どうも使い慣れない単語なんですが、Key Goal IndicatorとKey Performance Indicator。目的が重要ということです。数値化して定量的に判断できるようにするのも大切ですけど、数字に惑わされることもありますからね。

・ビーコン式のアクセス解析ツール

JavaScript式のアクセス解析ツールは、アクセスしているサイトと違うドメインのクッキーでトラッキングするので、セキュリティ設定によっては受け付けなかったり、ウィルスソフトで除去されたり(僕もSiteCatalystのクッキーは流れ作業で削除しちゃってます)。

最近は、独自ドメインで使えるオプションがあるサービスもあるらしいです。

・携帯電話のアクセス解析

話に出てこなかったけど、携帯電話向けのアクセス解析ではApacheモジュール形式というのもありますよね。MOBYLOGくらいしか覚えてませんが。モジュール組み込むだけというのは楽そうだなと思います(実際に評価したことはないです)。

・質問しきれなかったこと

アクセス解析というアプローチではなく、解析したいことを意識的に残して、それを可視化するというアプローチはないのかなあと思ったので、質問しました。誰も質問しないんで、焦って質問してしまったせいで(言い訳です)、いまいち聞ききれず。

セミナー中、サイトにアクセスがあっただけで興味を持ってもらえたわけじゃないという話がありましたが、クライアントって、見込み客と実績みたいなところに注目すると思うんです。

システムを作っていても、ECだったら売上を知りたいとか、サービスだったらログイン率や利用頻度を見たいとか要望があるんですよね。で、汎用的な解決策を知らないので、だいたい個別に作り込んでます。

アクセスログにオプション情報を加えるという手法もあると思うんですが、解析や集計が通常のアクセスログとは違い、アクセス解析ソフトで行うのは回り道な気がしています(使いこなしていないだけけも)。

アクセスを解析するんじゃなくて、結果を分析するというアプローチで、より目的に直結した解決策はないのかなあと。

データをExcelでがんばってグラフに!とかじゃなく、ちょっと違う話かもしれませんが「米Googleが統計データ可視化ソフトをスウェーデンNPOから買収 」みたいな話題とか、可視化、ビジュアライゼーションみたいなところは興味あるなあと思っています。

リアルタイムだとさらにおもしろいなと思っています。一日の売上が過去最高を記録したら、メールが送信されるとかでもいいと思うんですけど。

エラーログなんかで異常値を検知するみたいなのはありますよね。PHPのアプリケーションサーバソフトでZend Platformというのがあるんですが、通常と違う状態が発生したらアラートを出せたりします(実行時間が想定より長いとか)。

大学時代の後輩が医療系のソフトを作っていて、動いている心臓のスキャン画像をリアルタイムにムービーにレンダリングして表示できるらしいんですよ。サイトのライヴ感をつかめるツールみたいなのがないかなあと。だんだん飲み会の与太話になってきたので、これくらいでやめておきます。

統計とか解析をもっと勉強しとけっていう話なのかもしれません。

・写真

資料中の写真、いいセレクトですよね。僕も参考にしようと思いました。

●おまけ

話に出てきた本やCD。ネタになりそうだったので、探してみました。

あんけい氏も最近知ったと話していた曲。


“恋のアクセス解析” (くのいち☆Girls 彩美唯~あみゅ~)

歌詞の一部はこんな感じらしい。

マリッジストラテジー本はこれかな?


“プログラム―ハーバード大学MBAメソッドによる30代からの結婚へのステップ15 (ブルームブックス)” (レイチェル グリーンウォルド)


Google App Engineをはじめようと思ったらSMSが受け取れず、終了。

アメリカまで行ってしまおうかと思っていたGoogle I/Oで、Google App Engineの料金体系が公開されたようです。

プレスリリースはこちら。

Google App Engine to Announce Open Sign-ups, Pricing Plans, and New APIs at Google I/O

サーバへの設置ができるアカウントの制限もなくなったらしく、

http://appengine.google.com/

にアクセスすると、「Create an Application」が表示されました。

喜んで、次の画面に行ったら、

We are currently experiencing issues with DoCoMo and KDDI phones.


googleappengine_smserror.jpg

いつのまにか初回のアプリケーション作成時に、認証コードをSMSで受け取って入力しないといけなくなったようです。

SMS Verification for App Creation

残念なことにDoCoMoとKDDIでは問題発生中で受け取れないみたい(+81 90XXXXXXXXと入力してみたけど届かず)。

VodafoneとWillcomなら送れるってことかなあ(プルダウンがSoftbankじゃなくてVodafoneになってるんですよ)。

誰か代わりに認証コード受け取って教えてくれ〜!


ドコモのケータイ補償 お届けサービス

D905iからバリューコースで契約していて、ケータイ補償 お届けサービスという保証サービスに入ってます。

月額315円で、水没など自責の故障や全損時に電話1本で代替機が配達されるらしい(補償時に5250円が必要)。

購入後14日しか入れないし、何事もなく2年以上使っていれば、ドコモポイントが3000ポイント付与されるので、入っておいたほうがよさそうかなーと購入時に申し込んで続けています。

さて、ふとしたきっかけで知ったのですが、これアシュリオンという携帯電話専門の保険会社が受託しているそうなんですよ。

Asurion JAPAN NTTドコモ様事例

北米のVerizon社、Cingular Wireless社、T-Mobile社とか、韓国のKTF社にもサービスを提供しているらしい。

てっきりドコモが自社でやってると思ってたんですよねー。こんな会社があるなんてと驚いて、ついエントリー。

あとケータイあんしんパックにも入っています。以前のエントリー「ケータイあんしんパックを試してみた」もどうぞ。


ノイズキャンセリングヘッドホンを使う

STUDY HACKS!を立ち読みしていたら、ノイズキャンセリングヘッドホンが出てきました。消音機能を使って、カフェとか、どこでも自分の空間を作っちゃおうといった取り上げ方。

大江戸線のうるささに対抗するためにノイズキャンセリングヘッドホンを初めて購入してみて、ちゃんと消音してくれることに驚き、愛用しています。今使っているのは、MDR-NC22。


“SONY ノイズキャンセリングヘッドホン ブラック MDR-NC22 B” (ソニー)

これだけつけて、仕事してみると確かに周囲の雑音が気にならない。さーっという音はするんですが、集中し出すと気にならない程度。

使う頻度が増えたからか、Mサイズのイヤーピースを片方なくしてしまって、一時的にLサイズを使っています。微妙に耳に圧迫感があって困ってます。

このリモコンみたいな部分にオン・オフスイッチや一時的に周囲の音を聞くためのモニターボタンなどがついています。少し邪魔ですが、ノイズキャンセリング機能の魅力でなんとか我慢してます。

首にかけるタイプもあります。


“SONY ノイズキャンセリングヘッドホン ブラック MDR-NC32NX B” (ソニー)

さて、STUDY HACKS!で一押しだったのは、BOSE QuietComfort3。高額ですが、サイズも小さく、高品質。いずれ買ってやると思ってはいるんですが、高すぎて踏み切れず。


“BOSE QuietComfort3 ノイズキャンセリングヘッドホン” (BOSE)

世界初のデジタルノイズキャンセリングで、さらにノイズキャンセリング効果が高いらしいのがSONYのMDR-NC500D。BOSEよりも少しお値段が手頃。


“SONY ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-NC500D” (ソニー)

BOSEもSONYのもコードをつけずに、ノイズキャンセリング機能だけを使うこともできるらしいので、集中目的には非常に魅力なんですよね。

“STUDY HACKS!” (小山 龍介)

ところで。僕はヘッドホンの音質に対しては、それほどこだわっていません。iPodについてくるのはひどいなと思うくらい。数千円出せば、そこそこのものが買えるだろうし、色とか形とか持ち歩きたくなる要素のほうが気になります。


iPod touchが壊れました(T_T)

昨晩帰って、Installerに出てきたアップデートをかけたら、そこからiPod touchが起動しなくなってしまいましたよ。

起動すると復元画面が出て止まります。

リカバリーモードにして復元しようとしたら、途中でフリーズ。その後からiTunesで認識しなくなってしましました。

これは困った。単体で起動はしないし、Mac/Winどちらも認識しないから、復元できない。

しかし、これは修理してもらえるのかなあ。有償でもいいんだけど。

フル充電してから再度トライしてみようかな。

は!これは来月辺りにiPhoneが出るからそれを買いなさいというお告げか?


iPod touchとトラックパッド

当たり前かもしれませんが、スクロールの向きが逆で混乱しました。

iPod touchでスクロールしたい場合、画面にタッチして指を動かしたり、高速スクロールさせたい場合はフリック(はじく動作)したり、どちらの方法でもスクロールさせたい方向に指を動かします。

iPod touch: マルチタッチスクリーンの使い方

下の方を見たければ、画面をタッチして上にスクロールすると、画面が上にスクロールしていき、下が見えてきます。

一方、トラックパッドでスクロールする場合。トラックパッドを2本指で触ってスクロールすることができるのですが、下に動かすと画面(というかウィンドウの中)は上に流れていきます。スクロールバーが下に動いています。

iPod touchとは逆な感じ。

マウスのホイールでのスクロールなども同様なので、iPod touchだけが特殊なんですが、iPod touchに慣れ始めたら、Mac側の操作が変な気がしてきました。

たまにタッチスクリーン型のMacの話が出ますが、その辺どうなるんだろうな。Tablet PCもどうなってるんだろう。

普段は、Wireless Mighty Mouseを使っているんで気になっていなかったんですが、指で操作するインターフェースといってもトラックパッドとスクリーンは違うんだなあというお話でした。


“Apple Wireless Mighty Mouse MB111J/A” (アップルコンピュータ)


『シャングリラ・ダイエット』?

いつも見ているブログ(百式などで有名な田口さん)で、

『シャングリラ・ダイエット』出版記念セミナーへのお誘い

という見慣れない文字が。

アメリカの心理学者が考え出したダイエットの方法だそうです。

「食欲そのものをコントロールする」という発想が根本原因に対処している感じがして、しかも人間の欲求に対抗しているようで、興味津々です。自分がやってみたい方法かどうかは別にして、ぜひ知りたい。

欲を満たさずにコントロールしたいと思うのかなあ。美味しいモノ好きとしては、美味しいものは種類も量も食べたいですからね。

あ、無駄に食べてる量をカットするのかな? それならなんか正常な気がする。

翻訳権を購入して、翻訳したというプロセスも気になりますし、田口さん自身もどんな方か一度見ていたい。さっそく参加申し込んでみました。ブロガー限定とのことですが、こんな小さいブログでも大丈夫かな。

来月発売だそうです。

“シャングリラ・ダイエット” (セス・ロバーツ)

岡田さんの『“いつまでもデブと思うなよ』と同じように流行るかもしれませんね。


『研修女王の最強3分スピーチ』大串 亜由美

別に人前で話す機会があるわけではないのですが、スピーチ本を読んでみました。


“仕事でそのまま使える実践CD付き 研修女王の最強3分スピーチ―アガリ癖、話しベタは、必ず治る!” (大串 亜由美)

本書では、大人数を前にしたスピーチだけじゃなく、商談やプレゼンなんかの特定の少人数を前にしたものも同様に捉えています。

「人前で話すのは苦手だけど、打ち合わせとか相手が少ないときは大丈夫」と僕もそうだと思っていました。

そういうのは、目の前にいるので相手に聞いてもらえるだけで、こちらからうまく聞かせることができているというわけではない、という感じにばっさりとダメだし。確かに。

実際のプレゼンテーション研修を元にしているもののやりながら練習できるわけではないので、どういうことを考えればいいのかわかったり、CDでその実例を聞いたり、よいスピーチを習得するための基礎知識によさそう。

そこから先は実践あるのみなんでしょう。いきなり全部はマスターできないから、1つずつでも意識していきましょうということなので、徐々に取り入れて行きたいと思います。


AirMacのインターネット共有

前のエントリー通り、無線LANルータを持ってくるのを忘れてしまい、iPod touchをネットにつなげなくなってしまいました。

そういえばインターネット共有を使えばいいんだよなと、

インターネット <=(有線LAN)=> MacBook Pro <=(無線LAN)=> iPod touch

とつないでみることにしてみました。

設定方法は、アップルのサイトに載ってます(Macユーザーなら「インターネット接続の設定を共有する」と検索すれば、ヘルプの中でも出てきます)。

暗号化はWEPのみ。40ビット、128ビットどちらでもiPod touchはOKでした。

設定が終わって試してみると、iPod touchからインターネットにつながらない。さて、困った。無線LAN接続はできているらしく、Mac側からiPod touchにSSH接続することはできるのです。

しばし悩んでから気づいたのが、ファイアウォール。Mac標準のファイアウォールは「すべての受信接続を許可」にしてるんですが、ウィルスソフト(VirusBarrier)と一緒に入れているNetBarrierで設定していたのでした。

普段は「クライアントのみ」にしていて、外部からの接続を拒絶しているのでした。

netbarrier_ipodtouch1.jpg

「クライアント、ローカルサーバ」にすると、画面で一番上の行が追加され、無事にiPod touchからMac側に接続でき、結果としてiPod touchからインターネットに接続できることになります。

netbarrier_ipodtouch2.jpg

セキュリティ対策も忘れちゃうと、別のトラブルになっちゃいますね。