EMチャージがさらに便利に

イー・モバイルのD02HWを購入

D02HW/D01HWユーザーはみんな買ってる?

EMチャージ使ってみた&CheetahWatchで電波強度を見る

とD02HWをEMチャージで使っていますが、EMチャージがさらに便利になりましたよ。

モバイルデータ通信対応プリペイドサービス 「EMチャージ」
7月25日(金)より機能を大幅拡充
~新定額プラン「1時間定額」「30日定額」導入、WebMoney対応~

内容をまとめると、こんな感じ。

・選択型プランに30日定額と1時間定額が追加された

・最低チャージ額が2000円になった

・残高や有効期限の通知メール機能が追加された

30日定額は5250円(キャンペーン中は4200円)と、EMチャージじゃない通常の契約の月額料金と比べても高さを感じません。1時間定額は、あまり使わなそう。営業先で打ち合わせ時間が限られてるときとかに使えるかなあ。やっぱり、1日プランが最強で、もしかしたら7日プランも使えるかもと思う。

最低チャージ額の引き下げはメリットが大きい。残高の有効期限が最終チャージ日から90日間となっているので、焦って使い切る必要がなくなります。

最後の通知メール機能はまあ便利かな。残高が減って困ることはなさそうで、どちらかというと有効期限が切れる前に最低金額でチャージしなきゃという使い方なので、すでにスケジューラに登録済みなのでした。

●TCOを計算し直してみる

残高の有効期限が切れないように3ヶ月毎に2,000円をチャージすることにして6,000円、最初のチャージが10,000円分あるので、合わせて16,000円=1日定額で26回ほど。

17,980円+6,000円で23,980円。月2,000円で月に2回使い放題で使えるって感じです。安くなった分で、無線LANのサービス契約しちゃってもいいくらいです。

2年目以降は最初の1万円を使わなきゃーというのがないので使いたいだけ払えばよくなりますし。

パソコン持ち歩く人は一個持っとくといいかもと本気で思ってます。

EMチャージだとアフィリエイト対象にはならないんですが、↓のリンク先のEMOBILEオンラインストアで申し込みできます。EMチャージなら、アウトレットで十分だと思いますよ。



iPhone 3Gをケースに入れるかカバーつけるか

iPhone 3Gですが、購入後すぐ液晶画面には保護フィルムを貼りました。


“クリスタルフィルムセット for iPhone 3G PPC-01″ (パワーサポート)


“アンチグレアフィルムセット for iPhone 3G PPC-02″ (パワーサポート)

ホームボタン部分もきれいに円になっていますし、パワーサポートの製品は出来がよい気がします。iPod touchにはクリスタルフィルムを貼っていましたが、今回はアンチグレアにしてみました。

さて、裏面は傷ついてもいいかなと思っているのですが、かっこいいケースとかあれば、買ってみたいところ。

ハンドメイドフェルトケース for iPhone 3G

オレンジ色でかわいい。ピッタリではないので、iPhone 3Gだけじゃなく初代iPhoneでも使えます。さらに次のiPhoneでも使い続けられるかも。

【楽天市場】iPhone3G:Gelaskins-JAPAN

裏面全体に貼り付けるシール。ゴルフボール柄とかマザーボード柄とか、いろいろなデザインがあります。保護だけじゃなくて、印象をガラリと変えられていいかも。

あとは、パワーサポートがiPod touch向けに出してる透明な薄いカバーのiPhone 3G版も開発中らしいので、期待。


“パワーサポート クリスタルAirジャケット for iPod touch (クリアブラック)” (パワーサポート)

今のところ、普段はむき出し、カバンの中ではきんちゃく袋に入れています。


iPhone 3G買いました!

先週のことで今更ですが、買いましたよ、iPhone 3G。16GBのホワイトです。六本木店で前日の夕方から並んで、先頭から一桁台でした。

色の決め手は、指紋が気になるからなのですが、ブラックもかっこいいので悩みました(ソフトバンクの店頭で選ばされたときには実物を見てなかったわけですが)。

●液晶保護シート

とりあえず、ヨドバシカメラで適当な液晶保護シートを買いました。

背面が傷つくのは味があって良さそうですが、液晶側が傷つくと悲しいですから(D905iに貼ったシートがはがれちゃって、貼り直す前に傷がつきました)。

ほんとはiPod touchのときにも使っていて製品の出来がよいパワーサポートのがよかったんですが、店頭にあるものを選びました。


“クリスタルフィルムセット for iPhone 3G PPC-01″ (パワーサポート)

どうせパワーサポートのが買えないならと、初めてアンチグレアを選んでみたんですよね。購入したモノは、貼りがずれている(少し小さい)ので、いずれ貼り替えるかも。

●メール関連

i.softbank.jpも使ってます。ほかのPCメールの設定が邪魔したのか、送受信ともに使えるようになるまで、かなり手間取りました。メールがプッシュされるんですが、アラートダイアログだけ。

どの程度プッシュしてくれるのかと、MobileMeも使い始めてみました。ブックマークがシンクされるのがなかなか気持ちよい。

●App Sore

App Store も使ってみました。ほとんど無料のアプリばかりを試しに落としただけですが、ゲーム機としてはどうなのかなと有料のAQUA FOREST というゲームを購入してみました。

●ケース

あとは、ケースも気になります。

ルイ・ヴィトンから専用 iPhoneケース発売

勢い余って買いそうになりましたが、ヴィトン好きではないのでした。タイガもいいなと思うけど。

レザーケースなら、

ビサビ、27色を用意したiPhone 3G用レザーケース

の実物を見てみたいなあ。

むき出しでにぎって使いたいので(持ち心地がよいのです)、

オシャレなiPhone 3G用ケースで今から気分を盛り上げる

カバンに入れるときだけ、こういう生地をうまく使ったケースに入れてもいいかも。


マイクロソフト、ホスティング版Exchangeを発表

Exchange Serverのホスティングサービスあれこれを昨晩書いたときは、マイクロソフト自身が手がけているホスティングサービスは、Exchangeを補完するMicrosoft Exchange Hosted Servicesというしかなかったのですが、今朝起きたら、こんなニュースが。

マイクロソフト、ホスティング版Exchangeを発表

メールだけなら3ドル。15ドルでフル機能使えるようです。1人あたり年間180ドル。

今使っているGoogle AppsはStandard Editionなので無料なんですよね(Premier Editionは年間50ドル)。

50ドルで得られるGoogle Appsのメリットよりも、180ドルのほうのExchangeのほうがメリットがありそうな気もします。

ところで。MS製品を使うといいかもと思うのは、Active Directoryを使って、ほかのシステムのアカウント認証ができそうなところ。SAKURA InternetのビジネスホスティングはActive Directory認証が使えるらしいんですよね。別にOpenLDAPでもいいのですが、アカウント管理を一元化できたほうがいいよなあと思うわけです。


PhoneFinger

パソコン上でiPhoneやiPod touchの動作確認を行うには、AppleのiPhone SDK付属のiPhoneシミュレータが最適だと思います。iPhoneyというのもあるのですが、実機の再現性がいまいちで、雰囲気を掴める程度。

iPhoneシミュレータは再現性は素晴らしいのですが、実際のiPhone/iPod touchと違ってマウス操作なので、細かい操作もできてしまいます。

そんな中、指を表示するソフトを見つけました。

PhoneFinger | Wonder Warp Software

マウスのカーソルが巨大な手になって、指先がポイントする箇所になります。

phonefinger1.jpg

iPhoneシミュレータは実物より1.5倍程度あるので、画面上の指はちょっと気持ち悪いんですが、操作感や画面の見え方が再現できるので、UIのテストに使えますね。

芸が細かいのか、指紋をつける機能まで用意されています。設定画面で「Make smudges」にチェックを入れると、画面に指紋がつき(位置が少し変?)、「Wipe」で画面を拭けます。

phonefinger2.jpg


Exchange Serverのホスティングサービスあれこれ

iPhone OS 2.0からMicrosoft Exchange ActiveSyncに対応ということで、ちょっと調べてみました。

実はExchange Serverって使ったことないんですが、MobileMeが「Exchange for the rest of us」と言われているのを聞いて、そんなに便利なモノがすでにあったのかと今更知った次第です。個人利用ならMobileMeなんでしょうが、企業ユースとなるとこれからもExchangeなんでしょうか。

メールはExchangeでプッシュされなくても、既存のメールサーバにPOPかIMAPでチェックすればいいかなとも思うので、メール以外のカレンダーや連絡帳でExchangeを活用できると便利そうです。

ちなみに、弊社はGoogle Appsを独自ドメインで使っています。

○見つけたホスティングサービスをいくつか

月額課金で使えるExchangeのホスティングサービスがないのかなと調べてみたら、いくつか発見。ちなみに、MobileMeは年間9,800円。

ビジネスホスティング|SAKURA Internetの法人向けIT環境アウトソーシングサービス

Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Editionを専用サーバで提供ということで、少々お高い。Exchangeだけなら月額2.1万円+1,050円×人数。

Microsoft Windows Server 2003へのリモートデスクトップも使えるなど、シンクライアント的な面も。こちらは、月額4.2万円(リモートデスクトップ用1台追加)+2,100円×人数。

リモートデスクトップはMacやLinuxからも使えそうだし、非常におもしろそうなのですが、社員2名の会社で使うには TCOが高過ぎです。そもそも自前で全てまかなう場合のコストを知らないので、絶対的に価格が高いだけなのですが、何人くらいだとリーズナブルになるのかなあ。

40人で使えば、1人あたり1,575円とほかのサービスと同等。この専用サーバでは、何人くらいまで使えるのかな。

Exchange – アイル -月額980円でExchangeホスティング

月額980円のコースはメールだけ。1,575円のコースでは、スケジュール・アドレス帳・ToDoリストなどのグループウェア機能も使えて、Outlook 2003も提供されます。

ms-isle.comのサブドメインでの提供のようですが、送信時に送信アドレスを独自ドメインのものに変換するということもできるらしい。すでに使っているメールをExchangeに自動転送する方法なら、簡単に導入できるようです。

Softbankの法人向けサイトで紹介されていたExchangeサービス EX-00メールは、アイルの980円コースと同じもののよう。

WILLCOM|サービス|Access P-BERRY

Microsoft Exchange Server 2003がwi-biz.comのサブドメインで提供されます。月額1,575円。

ASP-DIRECT.NET P-BERRY

P-BERRYというのがWILLCOMのと同じなので、同様のサービスかと思いきや、少人数・短期間での契約だと、月額2,100円になることも。

プレミアサーバーWindowsプラン:ドメイン取るならお名前.com

Exchangeアカウント3つ、POPメールアカウント5つ、Webサーバなどコミコミで8,925円から。

○MacでExchangeを使うなら

EntourageでExchangeと連携できるようです。でも、このためだけに、Officeを買うのは辛いな。

弊社は、Macがメインマシンだったりします。OfficeじゃなくてiWorkを利用なのでありました。


“Office 2008 for Mac” (マイクロソフト)

○まとめ

Exchangeを使うのであれば、メールだけじゃなくグループウェア機能も活用して、スタッフ全員がExchangeを使わないと便利さを発揮できないような気がします。

アイルのページに書いてあった「既存のメールサーバからExchangeに自動転送する」タイプは導入しやすそうですが、どうせなら全てExchangeに乗り換えて、きちんと管理したいとも思います。

となると、人数が少ないうちはアイルの月額1,575円のコース、50人規模になったらSAKURA Internetが良さそう。

うーん。やっぱり、今はまだGoogle Appsが一番合ってるな。