Ubuntu LTS 8.0.4を使ってみた

Macのターミナルでほとんど用をなすので、Linuxに触らなくなってしまったのですが、Linuxディストリビューションも触っておこうということでUbuntuに手を出してみました。

Ubuntuにしたのは、セミナーで「Macじゃないノート型を持っているなと他人のパソコンを気にしていたら、Ubuntuだった」ということが最近多くなってきたから。久しぶりに使うLinuxとしていいかもしれないなと。

といっても、VMware用仮想マシンなんてものが配布されているので、ダウンロードからインストール(というかVMWare側の設定)まで10分もかからず。その後のアップデートとかVMWare Toolsのインストールのほうに手間取ったくらいです。

1CPU(MacBook Pro自体は2CPU)/メモリ512MBの環境でもサクサク動きます。

いろいろインストールしてみたんですが、Synapticパッケージマネージャを使って、ほとんどGUIで済んでしまった(何を入れればいいのかわからないと辛いけど)。今のところ、インストールしたのはこんな感じ。

・Flash Player
→ 最初、Adobeのサイトからダウンロードしようとして、うまくインストールできず。

・Apache2/MySQL/PHP
→PHPがSuhosin(Hardened PHPの)だった。

・Java(JRE)
→Selenium RCを使いたかったんです(最終的にはSelenium Gridを使いたい)。

Synapticパッケージマネージャは、APTのGUIフロントエンドらしいので、同様のことはapt-getコマンドでもできるはず。

Mac + MacPortsで十分実用的なんだけど、やっぱりUNIXとして使えるようにするまではそこそこ面倒。その点、UbuntuはGUIがMax OS Xほどじゃないけれど、UNIXとしては使いやすいような気がします。

PHPを使っていたら、XSLTProcessorクラスがない!とか言われて、慌ててphp5-xslを追加しなきゃいけなかったんですが、必要なものを追加していくというのも良いですよね。

EeePCみたいな用途なら(ブラウザでGoogle Appsを使って)、Ubuntuで十分かもしれない。

インストールメモはあるんで、あとでまとめるかも。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>