外付バッテリー TL160K でMacBook Airを5時間動かす

仕事の日には、MacBook Air(11-inch、Mid 2011、MagSafe)を携帯しています。

ノマド派ではありませんが、電源を借りられない訪問先もあるし、電源があっても接続して使える席に座れないこともあるし、外出先でバッテリーが切れると困るので、長期出張に合わせて、手頃な外付バッテリーを探してみました。

内蔵の電池を使わずに、外付けのバッテリーだけで5時間も使えたので、満足しています。

しかし、いろいろと探してみると、使えるようにするまでも面倒だし、かなり高いし、買うまでにかなり逡巡しました。こういうことをしたい人っていうのが少数派だと思うので、多少の苦労は仕方ないですが、誰かの参考になるかもしれないので、まとめ。

結論から先に

多摩電子工業(inGブランド)のTL160Kというバッテリー(16000mAh、125×185×14.5mm、500g)と、BiXpowerのC28というコネクタとZ6というケーブルを買いました。合わせて、12,000円ほど。

Z6というケーブルは買わなくても、TL160Kに同梱のケーブルと変換アダプタで接続することもできます。でも、数百円の価格差だし、接続部分は少ない方がベターだなと思って、合わせて買いました。

ほかのより総額も安かったし(ほかのは2万円代後半と倍以上)、容量も十分だし(5時間使える)、薄いのでカバンにも入れやすい(厚みのあるiPad mini的な感じ)、これで十分かなと満足しています。すぐに手に入ったのも◎。

多摩電子工業¥ 9,800

bixpower¥ 1,915

続きを読む


MacBook Air専用・のぞき見防止フィルター

MacBook Airのような小型PCを持ち歩くと頻繁に使うことになるわけですが、周りの視線が気になります。気になりだすと気が散って仕方がないので、MacBook Air購入後、すぐにプライバシーフィルターを買ってみました。専用なのでぴったりです。 続きを読む


Eye-Fiのジオタグ機能を追加アップグレードしてみた

Wi-FiがSDカードに内蔵されたEye-Fiカード。デジカメで撮影した写真をiPhoneやMacに無線で転送できるのがおもしろそうだなあと思って買ってみたんですが、撮影した場所がわかるジオタグ機能がついたものにすればよかったなー、わざわざ買い替えるのもなー、と後悔というか、残念な気持ちでいたのでした。普通のSDカードよりは高いので、買い増しする気にもならなくて。

しかし、ふとEye-Fiのサイトを見てみると、ジオタグ機能だけを2980円で追加できるらしい。というわけで、さっそくアップグレードしてみました。 続きを読む


MacBook Airをクラムシェルモードで使う その3 電源アダプタとソフトウェア編

持ち運び時は非常に楽なMacBook Airですが、自宅や仕事場では外付けモニタをつなげて大きな画面で使いたい!
スタンドやらキーボードやらソフトウェアやら、環境を整えてみました。

その1 スタンド編その2 入力デバイス編の続きで、今回は電源アダプタとソフトウェア編です。 続きを読む


MacBook Airをクラムシェルモードで使う その2 入力デバイス編

持ち運び時は非常に楽なMacBook Airですが、自宅や仕事場では外付けモニタをつなげて大きな画面で使いたい!
スタンドやらキーボードやらソフトウェアやら、環境を整えてみました。

その1 スタンド編の続きで、今回は入力デバイス編です。 続きを読む


スリープトラッカーを買ってみた(1)

睡眠サイクルを測定して、目覚めやすいタイミングで起こしてくれるというなんともハイテクな時計、スリープトラッカーを買いました。まだ、一晩しか試してないので、継続して使用してから感想は書きますが、まずは購入したよというところまで。

僕が買ったのは、エリートというモデルの男性向け。G-SHOCKみたいなカジュアルな感じで、普段つけてもいいかも、と思えなくもないです(睡眠用なので自宅専用になりそうですが)。

MenHome.jpg

いくつかモデルがあるのですが、プロかエリートがオススメです。一番最初に発売されたらしいスタンダードは、バイブ機能がなかったり、機能的に劣ります。エリートは、プロと同機能なのですが、少しだけコンパクトでデザインが違います。

普通の目覚まし時計だと、目覚ましの鳴る時間とスヌーズ機能があるくらいだと思いますが、スリープトラッカーでは、目覚めたい時間、時間の範囲、睡眠時間の3つを設定します。

たとえば、7時、30分間、1時と設定すると、0時半くらいにベッドに入って1時くらいには睡眠が始まっていて計測が始まります。そして、7時までの30分間の間で一番目覚めやすいタイミングでアラームで起こしてくれる(音かバイブを選択)という流れです。

起きる時間の間隔は、20分から90分が指定できて、長いほうがより良いタイミングになるんでしょうね。早起きして、二度寝しないで読書とか有効活用できるようにすると良いかも。

時計には一日分しかデータが残せないようですが、パソコンにつないでデータを残しておくことができます。

sleeptracker_on_vmware1.png

Macでも使えます。VMware Fusion上のWindows XPにインストールして無事に使えました(デバイスとして認識してていてもソフトウェア側から認識せず、最初うまくいかなかったんですが、いつのまにか解決しちゃいました)。

sleeptracker_on_vmware2.png

それほど凝っているわけではないですが、睡眠サイクルが可視化できます。

アメリカの本家サイトのサポートページから、マニュアルやソフトウェアがダウンロードできます。手入力もできるので、雰囲気をつかむにはよいかも。

ちょっと脱線。

数年前から使っているオムロンの体重計もUSBケーブルでつないでデータを取り込めるのですが、こちらはデータを数日分保持できるので、毎日取り込む必要はありません(正確には、体重計<->歩数計<->PCと2回データを移動させる)。


“OMRON 体重体組成計 カラダスキャン HBF-354IT” (オムロン)

PC連動モノは非常に好きなのですが、面倒でやらなくなるんですよね。

FeliCa Plugというソニーの非接触ICモジュールを使うと、非接触でデータを取り込めるようにできるので、対応機器が増えて欲しい。

アコーズ、FeliCa Plug内蔵の歩数計を開発

話を戻して、楽天でスリープトラッカーを検索してみると、プロが18,000円くらい、エリートは出たばかりだからか20,000円くらいのようです。エリートの女性向けモデルは、アメリカ本家では品切れになってましたが、楽天ではいくつか売っている店がありました。


メモリーカード関連をいろいろ購入

メモリーカード類は、量販店で買うと数倍高いという印象があります。

というわけで、ネット通販(上海問屋)でまとめて買いました。注文した時点の価格と届いた日の価格が違って、じわじわと少しずつ下がっているようですね。

Amazon.co.jp販売or発送のものが安い場合もあって、ほかの商品と合わせて発送にして、送料を浮かすこともできそう。

microSDカード 2GB(369円)

なぜ2GBというと、D905iがそこまでしか対応していないようだというだけです。SDカードアダプタだけでいいかなとも思ったんですが、miniSDカードアダプタも付属してるものをチョイス。Amazonでも380円

PhotoFast MS Pro Duo Adapter CR-5300(999円)

microSDをメモリスティック Pro Duoに変換するアダプター。 Amazonのほうが安く731円

普段は、Cyber-shotユーザーなので、1GBのメモリスティックDuoを使ってます。定期的にパソコンに取り込んでいるので大きいサイズはいらないんですけどね。当たり前ですが、ちゃんと使えました。

2枚挿せるCR-5400も気になりましたが、少し高いし、そこまで大容量だと、変換するのが怖い。あとで調べたら、980円のPhotoFast CR-5400がありました(@memory販売だけど、Amazon.co.jpが発送)。

メモリカードリーダーライター(499円)

予想以上にコンパクト。WindowsノートにSDカードスロットがあったり、メモリースティック専用のリーダーライターは持っていたんですが、マルチタイプを自分で買うのは初めてかも。MacBook Proでも使えました。

USBメモリ 2GB(599円)を2枚

いやー、薄くて小さい。ストラップつけて、サイフに入れてます。オフラインでデータの受け渡しに使うことがあるかもなと思って。これまでは、AdobeにもらったFlexロゴ入りのを使ってたんですが、128MBと小容量で足りないことが何度かありました。

前は、ケースもついてて、Windows ReadyBoost対応を謳っているSONYのポケットビットが欲しかったんですが、安さに負けましたね。

“SONY ポケットビット ミニ 2GB ハイスペック ブラック USM2GHX B” (ソニー)


ExpressCard SSD 32GBを購入

MacBook ProのHDDの空きが1/4を切ったのですが、買い換え予定まで半年くらいあるので、テコ入れすることにしました。

今まで一度も使っていないExpressCard/34スロットを活用したいなというのと、外付けは邪魔になるなという点で選んだのが、ExpressCard/34スロットに収まるSSD。


“Transcend 32GB ExpressCard SSD TS32GSSD34E-M” (トランセンド・ジャパン)

僕は一番容量も大きくGB単価も安い32GB(9000円弱)にしました。USB変換アダプタも付属しているので、ExpressCardスロットがないパソコンでも使えるし、ExpressCardスロットのないパソコンに買い換えても使えてよいんじゃないかなと。

カタログスペックのデータ転送速度が最大読出し: 18MB/秒、最大書込み: 8MB/秒といった程度なので、HDD気分では使えませんが、たまに見るかもしれない資料や過去のデータを入れておくにはちょうどよいです。

SSDの内容を、TimeMachineでバックアップすることもできました。

マウントしたままでスリープすると、すぐ復帰しちゃうのが困ったくらいで、全く問題なしです。

このSSDを買うときにExpressCard製品をいろいろ調べたんですが、昔のPCカードほどは製品がないんですよね。

おおっと気になって、その後愕然としたのが、SONY製のメモリカード「SxS PRO」。

業務用カムコーダで使うものらしいのですが、インターフェースがPCI Expressで(今回買ったのとか普通はUSB接続らしい)、800Mbps (=100 MB/s)と高速転送が売り。

8GBのSBP-8を購入してベンチマークした方を見つけましたが、確かに速そうです。

……値段がすごいんですよ。32GBのSBP-32で17万円超。買えません。これ買うくらいなら、大容量のHDDが載ったパソコンに買い換えますね。