外付バッテリー TL160K でMacBook Airを5時間動かす

仕事の日には、MacBook Air(11-inch、Mid 2011、MagSafe)を携帯しています。

ノマド派ではありませんが、電源を借りられない訪問先もあるし、電源があっても接続して使える席に座れないこともあるし、外出先でバッテリーが切れると困るので、長期出張に合わせて、手頃な外付バッテリーを探してみました。

内蔵の電池を使わずに、外付けのバッテリーだけで5時間も使えたので、満足しています。

しかし、いろいろと探してみると、使えるようにするまでも面倒だし、かなり高いし、買うまでにかなり逡巡しました。こういうことをしたい人っていうのが少数派だと思うので、多少の苦労は仕方ないですが、誰かの参考になるかもしれないので、まとめ。

結論から先に

多摩電子工業(inGブランド)のTL160Kというバッテリー(16000mAh、125×185×14.5mm、500g)と、BiXpowerのC28というコネクタとZ6というケーブルを買いました。合わせて、12,000円ほど。

Z6というケーブルは買わなくても、TL160Kに同梱のケーブルと変換アダプタで接続することもできます。でも、数百円の価格差だし、接続部分は少ない方がベターだなと思って、合わせて買いました。

ほかのより総額も安かったし(ほかのは2万円代後半と倍以上)、容量も十分だし(5時間使える)、薄いのでカバンにも入れやすい(厚みのあるiPad mini的な感じ)、これで十分かなと満足しています。すぐに手に入ったのも◎。

多摩電子工業¥ 9,800

bixpower¥ 1,915

続きを読む


伝えたいグラフを描くにはOmniGraphSketcherで

グラフを書くのに、OmniGraphSketcherが非常に便利です。

予測にしろ、実績にしろ、数字を一目で見やすくするようにExcelでグラフにすることありますが、会議の場ではホワイトボードに「売上がこう伸びて、固定費はこれくらいで」みたいなグラフを描くこともよくあります。

見せたい見た目から逆に考えた数字をExcelに入れてグラフを作る、ということもできなくはないですが、直感的でないので、わかりにくい。

かといって、IllustratorとかOmniGraffleとかVisioのようなソフトで図を作るのも面倒です。

そんなわけで、直線、曲線、塗り、テキストくらいであれば、OmniGraphSketcherがオススメです。

こんなのが30秒くらいで作れます。

開発元の紹介ムービーを見るだけで、使い方わかると思います。

http://www.omnigroup.com/products/omnigraphsketcher/videos/

Mac版とiPad版がありますが、両方買ってしまいました。

OmniGraphSketcher App
カテゴリ: 教育
価格: ¥1,300

OmniGraphSketcher App
カテゴリ: 教育
価格: ¥1,300


MacBook Air専用・のぞき見防止フィルター

MacBook Airのような小型PCを持ち歩くと頻繁に使うことになるわけですが、周りの視線が気になります。気になりだすと気が散って仕方がないので、MacBook Air購入後、すぐにプライバシーフィルターを買ってみました。専用なのでぴったりです。 続きを読む


MacBook Airをクラムシェルモードで使う その3 電源アダプタとソフトウェア編

持ち運び時は非常に楽なMacBook Airですが、自宅や仕事場では外付けモニタをつなげて大きな画面で使いたい!
スタンドやらキーボードやらソフトウェアやら、環境を整えてみました。

その1 スタンド編その2 入力デバイス編の続きで、今回は電源アダプタとソフトウェア編です。 続きを読む


MacBook Airをクラムシェルモードで使う その2 入力デバイス編

持ち運び時は非常に楽なMacBook Airですが、自宅や仕事場では外付けモニタをつなげて大きな画面で使いたい!
スタンドやらキーボードやらソフトウェアやら、環境を整えてみました。

その1 スタンド編の続きで、今回は入力デバイス編です。 続きを読む


AppleCare Protection Planを購入(iPhone/MacBook Pro)

“Apple AppleCare Protection Plan for MacBook Pro/PowerBook [MA515J/A]” (アップル)

発売日に買ったiPhone 3Gとその少し前に買ったMacBook Proの1年間のメーカー保証がそろそろ切れるので、AppleCare Protection Planを購入しました。これで3年保証になります。

MacBook Pro用は44,100円。本体価格に関係ないので、高いモデルと組み合わせるのがお得?(笑)

1年保証が切れるまでに、AppleCareのパッケージを買って、ウェブで登録すればよい、というのも良いですね。いまいちなモデルなら、売り払えるし。

ここ2年で、MacBook Proのバッテリーが不調で交換、iPod touchを壊して交換、MacBook Proのディスプレイが映らなくなってマザーボード交換、電源アダプタのケーブルの中が見えかけてきたので交換、iPhone用USBケーブルも同じく交換、とアップルストアに行っては、交換してもらっています。

これって消耗扱いされても文句言えないなーというものも対処してくれるので、ありがたいです。アップルストアまで行けば、その場で交換してくれるのも素晴らしい。アップルストアがなくても、配送で対処はできるはずですが。

保証がなくて高価な修理費用を見たら、買い換えたくなって、余計な悩みが増えそう。

預かり修理になってしまったら、それはそれで代替機を買うはめになって困るわけですが。


MacBook ProにSSDを換装しました

初期不良となったOCZの「OCZSSD2-1APX250G」、戻ってきて、ようやくセッティング完了。

スペックでは、最大でリード230MB/sec、ライト160MB/sec。

OCZSSD2-1APX250G.jpg

XBenchでの測定結果を。

Results 82.26
System Info
Xbench Version  1.3
System Version  10.5.6 (9G55)
Physical RAM  4096 MB
Model  MacBookPro3,1
Drive Type  OCZ APEX_SSD
Disk Test 82.26
Sequential 117.42
Uncached Write 205.97 126.46 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 190.54 107.81 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 50.68 14.83 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 236.38 118.80 MB/sec [256K blocks]
Random 63.30
Uncached Write 18.21 1.93 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 164.47 52.65 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 1977.59 14.01 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 588.25 109.15 MB/sec [256K blocks]

Resultsだけ見ると、換装前の36.17→82.26とかなり改善。

まずは、電源オンからログイン画面までが早い。サスペンドからの復帰と同じくらい早いかもしれない。ログイン後も、いろいろと起動項目があって(Dropboxとか)遅かったのですが、これも改善されて、すぐに利用できる状態になります。

若干、熱を持ちやすいかなと思うものの、この早さは戻れないですね。

HDDと比べて安全性がどの程度なのか、まだ不安なので、バックアップはしっかり取っておきたいと思います。