LeopardでMacPorts(1)MySQL

Leopardにアップグレードしたら、MacPortsでトラブル頻発です。

MacPortsを入れたままでTigerからLeopardにしたら、Apacheの起動時にulimiitのエラーが出てくるように(参照)。

MacPortsのことなんて考えてなかったので、Beginning OS X 10.5を参考にして、MacPortsを入れ直すことにしました。

Tiger時代はこちら。MacPorts (1) 準備MacPorts (2)パッケージの利用

再インストールしたら、今度はApacheのインストールでもエラーが出てくるようになりましたが(db44がインストールできない)、まずはMySQLのインストールまでまとめました。

MacPortsのアンインストール

ログインシェルは変えてないし、自動起動するデーモンもないので、アンインストールです。

httpd.confとかmy.cnfとか、必要な設定ファイルをバックアップして、

$ sudo port -uf uninstall

$ sudo port deactivate installed

$ sudo rm -rf /opt

で完了。

MacPortsのインストール

まずは、Xcode3をLeopardのインストールCDからインストール。

MacPortsは、今回もバイナリでインストールしました。

PATHを設定してあるので、そのまま。

MySQLのインストール

とりあえず、wgetを入れてみて、うまく行ったので、MySQL、Apache、PHP5を入れていきます。

・MySQL

まずは、インストール。あとで自動起動させたくなるかもしれないので、+serverをつけておきます。

インストール後に、いくつか必要な操作が出るのでメモしておきます。

$ sudo port install mysql5 +server

my.cnfをコピー。とりあえず、そのままで。

$ sudo cp /opt/local/share/mysql5/mysql/my-medium.cnf /etc/my.cnf

データベースを設定します。/opt/local/var/db/mysql5/にいろいろファイルが作成されます(my.cnfにdatadirを設定することもできます)。

$ sudo -u mysql mysql_install_db5

自動起動させたいなら、インストール後の説明通りにコマンドを実行。loadをunloadにすると、起動しなくなります。

$ sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plist

手動での起動と停止は、こんな感じ。

$ sudo mysqld_safe5 &

$ mysqladmin5 -u root -p shutdown

MySQLを起動してから、パスワードを設定しておきます。

$ mysqladmin5 -u root password [yourpw]

接続してみます。

$ mysql5 -u root -p

MySQLをいじるなら、GUIのツールもあります。

MySQL GUI Tools

Technorati Tags: ,