MacBook Pro用に250GBのSSDを購入

MacBook Pro(MA896J/A)用に購入。

注文したばかりで、まだ手元にないので、とりあえず買ってみたよという段階です。

購入したのは、OCZの「OCZSSD2-1APX250G」。MLCですが、最大でリード230MB/sec、ライト160MB/secと高速です。250GBで6〜7万円くらい(メーカーのページはこちら)。

OCZSSD2-1APX250G.jpg

最初検討していた7200rpmで320GBのHDDが今や1〜2万円なので、SSDはかなり高額なんですが、ただ大容量にするだけだとつまらないなあと思い、SSDにしてみました。

半年〜一年後くらいにMacBook Proごと買い換えようと思っているので、あまり寿命は気にせず、しばらく動けばいいかなくらいの気持ちで購入してみました。

まずは、きちんと動くといいんですが。

日立最速7200rpmHTS723232L9A360との比較というレビューでは、MacBook 2008Lateに入れて動いているようです。あとは、2chのMac板の「SSDって速いの?」でMacBook Pro(Late2008)に入れてる人も。

体感できるくらい速くなってくれれば十分なので、期待が高まります。

僕のMacBook Pro(MA896J/A)のXBenchでの測定結果をさらしておきます。

Results 36.17
System Info
Xbench Version  1.3
System Version  10.5.6 (9G55)
Physical RAM  4096 MB
Model  MacBookPro3,1
Drive Type  FUJITSU MHW2160BHPL
Disk Test 36.17
Sequential 56.59
Uncached Write 77.11 47.34 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 77.16 43.66 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 29.66 8.68 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 90.62 45.55 MB/sec [256K blocks]
Random 26.58
Uncached Write 9.51 1.01 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 62.77 20.10 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 52.92 0.37 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 95.12 17.65 MB/sec [256K blocks]

今回、換装も自分でやってみようと思い、工具も注文してます。

MacBook Proは開くのにT6のトルクスドライバーが必要らしいです(旧型も新型のユニボディも)。僕は旧型MacBookも持っているのですが、そちらはT8。少し高かったのですが、ドライバーセットにしました。

43pcs. 精密ビットセット [LT-43]

あとはデータ移行と余ったHDDを外付けにするためのケースも注文。

こちらも少し高いのですが、外付けでブートできるケースにしました。データ移行したときの起動確認とか、外付けでテスト環境にしたりとか、いろいろ使うだろうということで。

Serial nano USB2 秋葉館オリジナル 2.5″ HD USB2.0 Case [AKB25SU2]


Windows 7をVMware Fusionにインストールしてみた

Windows 7ですが、MacBook Pro上のVMware Fusionにインストールしてみました!

Windows 7のISOイメージをダウンロードして、ディスクイメージのまま、CD/DVDに設定。

VMware FusionでVista扱いでインストールして、起動後のVMware Toolsもそのままインストールできました。

windows7_on_vmarefusion.png

普通に動いてます。

最近、親のパソコンの買い換えを検討しているんですが、あと一年も待てば、Windows 7になっちゃうのかなあ。うーむ。悩ましい。


ExpressCard SSD 32GBを購入

MacBook ProのHDDの空きが1/4を切ったのですが、買い換え予定まで半年くらいあるので、テコ入れすることにしました。

今まで一度も使っていないExpressCard/34スロットを活用したいなというのと、外付けは邪魔になるなという点で選んだのが、ExpressCard/34スロットに収まるSSD。


“Transcend 32GB ExpressCard SSD TS32GSSD34E-M” (トランセンド・ジャパン)

僕は一番容量も大きくGB単価も安い32GB(9000円弱)にしました。USB変換アダプタも付属しているので、ExpressCardスロットがないパソコンでも使えるし、ExpressCardスロットのないパソコンに買い換えても使えてよいんじゃないかなと。

カタログスペックのデータ転送速度が最大読出し: 18MB/秒、最大書込み: 8MB/秒といった程度なので、HDD気分では使えませんが、たまに見るかもしれない資料や過去のデータを入れておくにはちょうどよいです。

SSDの内容を、TimeMachineでバックアップすることもできました。

マウントしたままでスリープすると、すぐ復帰しちゃうのが困ったくらいで、全く問題なしです。

このSSDを買うときにExpressCard製品をいろいろ調べたんですが、昔のPCカードほどは製品がないんですよね。

おおっと気になって、その後愕然としたのが、SONY製のメモリカード「SxS PRO」。

業務用カムコーダで使うものらしいのですが、インターフェースがPCI Expressで(今回買ったのとか普通はUSB接続らしい)、800Mbps (=100 MB/s)と高速転送が売り。

8GBのSBP-8を購入してベンチマークした方を見つけましたが、確かに速そうです。

……値段がすごいんですよ。32GBのSBP-32で17万円超。買えません。これ買うくらいなら、大容量のHDDが載ったパソコンに買い換えますね。


Ubuntu LTS 8.0.4を使ってみた

Macのターミナルでほとんど用をなすので、Linuxに触らなくなってしまったのですが、Linuxディストリビューションも触っておこうということでUbuntuに手を出してみました。

Ubuntuにしたのは、セミナーで「Macじゃないノート型を持っているなと他人のパソコンを気にしていたら、Ubuntuだった」ということが最近多くなってきたから。久しぶりに使うLinuxとしていいかもしれないなと。

といっても、VMware用仮想マシンなんてものが配布されているので、ダウンロードからインストール(というかVMWare側の設定)まで10分もかからず。その後のアップデートとかVMWare Toolsのインストールのほうに手間取ったくらいです。

1CPU(MacBook Pro自体は2CPU)/メモリ512MBの環境でもサクサク動きます。

いろいろインストールしてみたんですが、Synapticパッケージマネージャを使って、ほとんどGUIで済んでしまった(何を入れればいいのかわからないと辛いけど)。今のところ、インストールしたのはこんな感じ。

・Flash Player
→ 最初、Adobeのサイトからダウンロードしようとして、うまくインストールできず。

・Apache2/MySQL/PHP
→PHPがSuhosin(Hardened PHPの)だった。

・Java(JRE)
→Selenium RCを使いたかったんです(最終的にはSelenium Gridを使いたい)。

Synapticパッケージマネージャは、APTのGUIフロントエンドらしいので、同様のことはapt-getコマンドでもできるはず。

Mac + MacPortsで十分実用的なんだけど、やっぱりUNIXとして使えるようにするまではそこそこ面倒。その点、UbuntuはGUIがMax OS Xほどじゃないけれど、UNIXとしては使いやすいような気がします。

PHPを使っていたら、XSLTProcessorクラスがない!とか言われて、慌ててphp5-xslを追加しなきゃいけなかったんですが、必要なものを追加していくというのも良いですよね。

EeePCみたいな用途なら(ブラウザでGoogle Appsを使って)、Ubuntuで十分かもしれない。

インストールメモはあるんで、あとでまとめるかも。


KeynoteでプレゼンするためのTips

先日、人前で話す機会があり 、Keynoteを使いました(僕はiWork 08を使ってるのでKeynote ’08です)。

実際に本番を目指して、いろいろと試行錯誤したので、準備や発表に役立ちそうなKeynoteの使い方や、一緒に使うと便利なツールをまとめてみました。

まずは、Keynoteそのものの使い方です。

●発表者ディスプレイ

Keynoteでは、相手に見せる画面と自分で見る画面(=発表者ディスプレイ)を変えられます。こんな感じの画面。

keynote_rehearsal.png

まずは、Keynote→設定でいくつか設定します。

(1)発表者ディスプレイ「発表者の情報表示用に別のディスプレイを使用」にチェック

現在のスライド、次のスライド、ノート、タイマー、スライド進行インジケータを表示することにしました。

次のスライドは、1回クリックしたら表示される状態になるので、エフェクトを使っている場合にも便利です。

発表者用のノートは、プロンプター代わりになります。デフォルトだと画面下部でしたが、画面上部に表示して、そこそこの文字サイズにしておけば、視線が下に行きすぎない気がします。

タイマーは残り時間と経過時間と選べます。これはお好みで。

スライド進行インジケータは、エフェクトが処理中はレッド、処理が完了するとグリーンのバーが画面上部に出ます。

発表中は極力観客を見ておいた方が良いと思い、画面下部には何も表示しませんでした。

画面が広くないと表示しきれないかなあ。僕はMacBook Proなので使いやすかったですが、MacBook/MacBook Airの場合はどんな感じでしょうか。いずれはiMac+Air体制にしたいと思っているので、気になるところです。

(2)スライドショー「副ディスプレイにプレゼンテーションを表示」にチェック

逆にすると、原稿が見えちゃうことになりますね。

●スライドショーをリハーサル

もちろん副ディスプレイをつないで練習してもいいんですが、つながずに練習することもできます。

Keynote→表示→スライドショーをリハーサルで発表者ディスプレイが表示されます。

スライドショーの再生中に?キーを押すと、再生中のヘルプが出てきます。直感的にわかりそうなのもありますが、知らずにキーを押してしまって動作したら、とまどいそうなものも。

BやWで白か黒の画面を出すというのは、画面から目を離してもらうのに使えそう。HでKeynoteを隠して、直前に使ってたアプリに切替というのもデモを交えるときに使えそうです。Xで主副ディスプレイ切替とか、Rでタイマーをリセットとかは間違えて操作したら困りそう。

●ディスプレイの検出

現場でのリハーサル時には、プロジェクタにつながるケーブルをつなぐだけで画面が表示できたのですが、本番直前につないだら表示できなかったんですよ。かなり焦って再起動してしまったのですが、システム環境設定のディスプレイで「ディスプレイを検出」というのを操作すれば、よかったらしい。

システム環境設定のディスプレイを呼び出すアイコンは、メニューバーにも追加できるので、プレゼン前に入れておくとよいかも。

●スライドを動かすには

マウスやスペースキー、→キーなどでもスライドを次にめくることはできるのですが、恥ずかしながら、緊張して手が震えてしまって、危うくダブルクリックしそうになりました(笑)

MacBook Proにも付属しているApple Remoteを使えばよかった(ほとんどのMacに付属してる?)。

appleremote.jpeg

そのままでもスライドの移動くらいは出来ますが、iRed Liteというアプリを使えば、各ボタンに操作を割り当てることができます(どうも気持ちよくて使えなくて試行錯誤中)。

あとは、BluetoothでWiiリモコンをつなぐDarwiinRemoteなんてものもあります。Apple Remoteだと赤外線なのでMacの前にいなきゃいけませんが、これなら移動してもOK(少しでかいのが△)。

最近知って、次回使おうと思っているのはiPhone/iPod touch用アプリのKeynoteプレゼンターツール、Stage Handicon(900円)。

stagehand.png

Stage ManagerというアプリをMacに入れる必要がありますが、MacとWiFiでつないで、iPhone/iPod touch側でノートを見たり、スライドを移動したり、画面上で指し示したいところをハイライトさせたりできます(ハイライト機能を使うには、Stage ManagerやKeynoteにも設定が必要です)。

縦向きだとノートが表示されて、上下で原稿の内容を読めて、左右でスライドの移動です。

横向きにするとスライドが表示されて、タップするとハイライトされ、位置は指で動かせます。2本指で触るとハイライトが消えるとか、ピンチでハイライトの大きさを変えたりとか、操作できます(ちょっと慣れが必要なので要練習)。

発表中に、電話やSMSが来たら困るので、機内モードにするのを忘れずに。

iPod touchのOSを2.0にアップデートしていないのですが、iPod touchにも入れようかな。

そうそう、MacとiPhone/iPod touchはWiFiで通信するのですが、アドホックでもOK。AirMacを入にして「ネットワークの作成」から。

FileMagnetを無線LANアクセスポイントがない場所でも使う方法

●その他のツール

3つとも、ステージでのプレゼンじゃなくて、通常の打ち合わせなんかでも使えると思います。

まず、デスクトップを隠すツール、Camouflage

デスクトップにはファイルを置かないようにしているのですが、締切間際とか作業中はファイルが散乱することもあります。常に置いているフォルダとかもあります。副ディスプレイのデスクトップにアイコンが置いてあることはないと思いますが、人前でプロジェクタにつないで、不意に主ディスプレイのちらかったデスクトップを見せたくもないですし。

デスクトップ部分をクリックするとFinderに、ダブルクリックするとFinderウィンドウでデスクトップが開きます。cmd+N(新規Finderウィンドウ)で開く場所は設定できるので、あらかじめプレゼン関連のフォルダに設定しておくと、動作デモを見せるときなどには便利。

続いて、スリープさせないようにするツール、Caffeine

画面を離れて、話がメインになることもありますよね。スリープから復帰できずに固まったりしたら笑えません。

最後に、見せたいアプリだけを強調できるThink

これ、プレゼン用のツールじゃありません。使用中のアプリのウィンドウだけが表示され、それ以外は一色で塗りつぶされるので、使用したいアプリに集中するためのツールです。

画面で動作デモするときに、見せたいアプリだけ見えるとよいかなと思います。

以上、長々と書きましたが、できる準備は前もってしておきたいものです。


マイクロソフト、ホスティング版Exchangeを発表

Exchange Serverのホスティングサービスあれこれを昨晩書いたときは、マイクロソフト自身が手がけているホスティングサービスは、Exchangeを補完するMicrosoft Exchange Hosted Servicesというしかなかったのですが、今朝起きたら、こんなニュースが。

マイクロソフト、ホスティング版Exchangeを発表

メールだけなら3ドル。15ドルでフル機能使えるようです。1人あたり年間180ドル。

今使っているGoogle AppsはStandard Editionなので無料なんですよね(Premier Editionは年間50ドル)。

50ドルで得られるGoogle Appsのメリットよりも、180ドルのほうのExchangeのほうがメリットがありそうな気もします。

ところで。MS製品を使うといいかもと思うのは、Active Directoryを使って、ほかのシステムのアカウント認証ができそうなところ。SAKURA InternetのビジネスホスティングはActive Directory認証が使えるらしいんですよね。別にOpenLDAPでもいいのですが、アカウント管理を一元化できたほうがいいよなあと思うわけです。


Exchange Serverのホスティングサービスあれこれ

iPhone OS 2.0からMicrosoft Exchange ActiveSyncに対応ということで、ちょっと調べてみました。

実はExchange Serverって使ったことないんですが、MobileMeが「Exchange for the rest of us」と言われているのを聞いて、そんなに便利なモノがすでにあったのかと今更知った次第です。個人利用ならMobileMeなんでしょうが、企業ユースとなるとこれからもExchangeなんでしょうか。

メールはExchangeでプッシュされなくても、既存のメールサーバにPOPかIMAPでチェックすればいいかなとも思うので、メール以外のカレンダーや連絡帳でExchangeを活用できると便利そうです。

ちなみに、弊社はGoogle Appsを独自ドメインで使っています。

○見つけたホスティングサービスをいくつか

月額課金で使えるExchangeのホスティングサービスがないのかなと調べてみたら、いくつか発見。ちなみに、MobileMeは年間9,800円。

ビジネスホスティング|SAKURA Internetの法人向けIT環境アウトソーシングサービス

Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Editionを専用サーバで提供ということで、少々お高い。Exchangeだけなら月額2.1万円+1,050円×人数。

Microsoft Windows Server 2003へのリモートデスクトップも使えるなど、シンクライアント的な面も。こちらは、月額4.2万円(リモートデスクトップ用1台追加)+2,100円×人数。

リモートデスクトップはMacやLinuxからも使えそうだし、非常におもしろそうなのですが、社員2名の会社で使うには TCOが高過ぎです。そもそも自前で全てまかなう場合のコストを知らないので、絶対的に価格が高いだけなのですが、何人くらいだとリーズナブルになるのかなあ。

40人で使えば、1人あたり1,575円とほかのサービスと同等。この専用サーバでは、何人くらいまで使えるのかな。

Exchange – アイル -月額980円でExchangeホスティング

月額980円のコースはメールだけ。1,575円のコースでは、スケジュール・アドレス帳・ToDoリストなどのグループウェア機能も使えて、Outlook 2003も提供されます。

ms-isle.comのサブドメインでの提供のようですが、送信時に送信アドレスを独自ドメインのものに変換するということもできるらしい。すでに使っているメールをExchangeに自動転送する方法なら、簡単に導入できるようです。

Softbankの法人向けサイトで紹介されていたExchangeサービス EX-00メールは、アイルの980円コースと同じもののよう。

WILLCOM|サービス|Access P-BERRY

Microsoft Exchange Server 2003がwi-biz.comのサブドメインで提供されます。月額1,575円。

ASP-DIRECT.NET P-BERRY

P-BERRYというのがWILLCOMのと同じなので、同様のサービスかと思いきや、少人数・短期間での契約だと、月額2,100円になることも。

プレミアサーバーWindowsプラン:ドメイン取るならお名前.com

Exchangeアカウント3つ、POPメールアカウント5つ、Webサーバなどコミコミで8,925円から。

○MacでExchangeを使うなら

EntourageでExchangeと連携できるようです。でも、このためだけに、Officeを買うのは辛いな。

弊社は、Macがメインマシンだったりします。OfficeじゃなくてiWorkを利用なのでありました。


“Office 2008 for Mac” (マイクロソフト)

○まとめ

Exchangeを使うのであれば、メールだけじゃなくグループウェア機能も活用して、スタッフ全員がExchangeを使わないと便利さを発揮できないような気がします。

アイルのページに書いてあった「既存のメールサーバからExchangeに自動転送する」タイプは導入しやすそうですが、どうせなら全てExchangeに乗り換えて、きちんと管理したいとも思います。

となると、人数が少ないうちはアイルの月額1,575円のコース、50人規模になったらSAKURA Internetが良さそう。

うーん。やっぱり、今はまだGoogle Appsが一番合ってるな。


ケンジントンのトラックボールマウス

会社用にMacBook Proをもう1台購入しに出かけて、気になるマウスを見つけました。

Bluetooth接続のマウスなのですが、ボールがトラックボールにもなるんですよ。


“ケンジントン SlimBlade Trackball Mouse 72281JP” (ケンジントン)

昔のLet’s noteシリーズのトラックボールなんかも好きだったし、気になります!

新宿のヨドバシカメラのMacコーナーでMacBook Airに接続してあったので触ってみました。

マウスモードではボールを使って縦横にスクロースできて、トラックボールモードではマウスを動かしても反応しなくなります。

あれ? 今気づいたんですが、ボールは中指で触らないとドラッグができない? 僕は人差し指でボールを動かすので、それじゃダメなのかな。

ちなみに、現在はApple Wireless Mighty Mouseを使っています。


“Apple Wireless Mighty Mouse MB111J/A” (アップルコンピュータ)

新しいMacBook Pro用にも同じマウスを購入したのですが、一年使ってきて飽きてきたので、新しいの試してみようかなあと思う今日この頃でありました。

どちらも単三電池で動くので、エネループみたいな充電池が必須です。リフレッシュ機能付きの急速充電器が出ていて、ちょっと欲しくなっています。でも、充電器2台あってもなあ。


“SANYO eneloop 残容量チェック機能付 急速充電器セット (単3・単4用充電器) N-MR58TGS N-MR58TGS” (三洋電機)