理想のNo.2のつくり方

先日、会社に入って一緒に頑張らないかと誘っている知人に会って、ビジネスプランを話しているとき、この本を貸してもらいました。


“地域トップ中小企業の社長が書いた「理想のNo.2」のつくり方―あなたに「右腕」が必要な本当の理由” (森下 吉伸)

対象読者は中小企業の社長。

No.2がいるメリットに始まり、理想のNo.2像、注意点など、No.2を作ることの大切さについて丁寧に書かれています。

結果として、社長はやりたいこと、これからのことを考えるといったことに力を注ぐことができ、社内も活気づくと。

後継者を作るというわけではなく、部下だけどビジネスパートナーとして扱うといった感じ。

まだ、僕自身が悩んでいるところではないので全てピンと来たわけではありませんが、経営者とNo.2でなく、上司と部下の関係に限ったとしても、心構えは勉強になると思います。

社員数が増えたり、社員との年代差があったりすると、いろいろ悩みは出てきそう。

社員数人の段階では、全員担当分やでのNo.2状態でいて欲しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 理想のNo.2のつくり方
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>