振込手数料をどちらが負担するか

振込手数料をどちらが負担するかというのは、商慣習というんでしょうか、業種とか力関係によって、いろんなケースがあることを最近知りました。

これまで10年以上フリーランスで仕事して支払い受けていたのですが、いつも請求金額が振り込まれていたので、振り込む側が負担するものだと思っていたのですよ。

確かにATMとかに振込手数料を引いて振り込む機能がありますよね(あれ、いつ使うの?って思ってました)。

もともとは集金しに来るのが正しく、振込で手間が省けるのだから、売り手が負担するものだという意見があります。

逆に、「弁済の費用は債務者である買い手が負担する(民法458条)」という法律から、買い手が負担するという考えもあるようです。

請求書に「振込手数料は貴社でご負担願います」という一文を書き加えて請求することにしたのですが、ネットで調べていると、そう書いておけば負担してくれる企業もあれば、書いてあるのは無視して引いて振り込む企業もあるようです(力関係?)。

請求の締め日や支払日などと同じように支払い条件の一部として、事前に確認しておくべきなのでしょうね。

これまでずっとそうだったから、振込手数料を下げる工夫は振り込む側にしかできないので、振り込む側が負担するほうがいいなあと僕は思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 振込手数料をどちらが負担するか
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

One thought on “振込手数料をどちらが負担するか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>