外出先でFAXを送る(オフィスコンビニ・ビジネスコンビニ)

受信するFAXはメールで転送されてくるようになってまして、送信することなんてないよなあと思っていたら!銀行に送った書類に不備があって、FAXすることに。

たいていのコンビニにはFAXがあるので、それでもいいかなと思ったのですが、送信エラーとかで不達の場合にわからないらしいんですよね。探してみると、MAIL BOXES ETC(MBE)で送信レポート付きのサービスがありました。

というわけで、MBEはこれまでよく見かけているのに使ったことがなかったので、初訪問です。

今回は、六本木ミッドタウン店へ。

受付で送信したい紙を渡し、電話番号は口頭で伝えました(自分でメモを書いて渡すべきかもな)。

空いていたので、目の前で複合機に歩いていって、さっと送信してくれちゃいました。

料金は基本料50円+50円/枚。基本料が必要な分、コンビニより高いですが、まあいいかな。

お店で聞けばよかったんですが、たぶんデータの出力もできるはずです。15分単位でパソコンも使用できるようです。テンプレートファイルをUSBメモリーとかに入れて持ち歩いておけば、とっさのときに便利かも。

フェデックスキンコーズでもサービスをしているという情報も見たのですが(NTT東日本のページ)、フェデックスキンコーズのサイトにはそういう情報は見つからず。今度、店頭で聞いてみようかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 外出先でFAXを送る(オフィスコンビニ・ビジネスコンビニ)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

バーチャルオフィスの申込

週末悩んだんですが、抑えられるコストは抑えていこうということでバーチャルオフィスで登記することにしました。

ほんと雰囲気のいいレンタルオフィスだったんですけどね。バーチャルオフィスと会員制図書館のコストが安いということもあって、事務所のコストが3〜4倍になっちゃうんですよね。

会社設立前なので個人名で申し込んで、契約します。

後日登記簿謄本を用意して、契約名義変更ということになります。

ここは特に悩まずに申請すればOKそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - バーチャルオフィスの申込
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

レンタルオフィス

いくつかバーチャルオフィス、レンタルオフィスを見てきて、当分バーチャルオフィスで十分かなと思っていたのですが、ちょっと今まで探していたところとは違うところに行ってみました。

当日電話して半ば無理矢理内覧させてもらったのですが、結構いいところだったので悩んでます。

固定席なんですが完全に個室になったり、仕切りがあるわけじゃなくて、いろんな会社の人の席が並んでいて、仕切りの板や布がある程度。周りに人がいる雰囲気はわかりますし、音も聞こえます。

ちょっとアットホームな感じで、大学の研究室っぽい雰囲気も感じました。

頑張ってる周りを見つつ、一人で怠けずに働くのにはいい環境かもしれない。

交通の便もいいし、駅の出口からもすぐ。24時間入館できるから、職・住を分けられるし。もちろん、登記も可。

席を増やしていくこともできるようです(一区画使ってる会社もありました)。

ちょっと週末まで考えてみよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レンタルオフィス
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

バーチャルオフィス内覧しました

今日は、2件内覧してきました。

どちらも普通のビルのワンフロア。前者は普通の事務所をパーティションで区切った商談スペースがあるだけ。後者はシェアオフィスも併設されているので、入口からかっこいいオフィスで扉付の商談スペースがあります。

どちらも会社登記は可能で、値段は起業時には手頃な価格帯。

前回選ぶポイントで書いた点を中心に違いをまとめてみます。

電話は「オプションでNTTの03番号から転送」と「標準で03のIP電話が利用可能・転送先はウェブで設定・オプションの秘書代行あり」。

FAXは「TIFFファイルでメール添付・無料」と「メールかFAXで転送・有料」。

郵便は「都度メール連絡で週一転送・直接受取も可・緊急転送依頼も可」と「週一転送のみ」。

宅配「受取後に転送」と「不在票の転送(週一)」。どちらも着払いは不可。

僕の用途では、前者のサービスでいいかなと考えてます。登記できる住所があればよくて、電話やFAXは名刺用という程度ですし。郵便はほとんどがDM、取引先や役所からたまに来るという程度だと思ってます。送り主と数を送ってくれるようなので、それを見て取りに行けるほうが柔軟。

後者のサービスは、細かいところで違和感があったので僕はパス。シェアオフィスとなると、選ぶ基準が変わるので、その時は候補にしてみようと思います。

正直言うと、前者のは、予想以上に普通の事務所でビックリしました。駅からビルに向かう間、有名企業の入ったビルがあったし、ウェブでもなんとなくかっこいい感じを演出しているバーチャルオフィスが多いんですよ。

後者は上品なアジアンテイストのインテリアだったり、入口がタッチパネル操作するロックがかかっていたり、ちょっと虚栄心は満たされそうですが、地味に行きます。

しかし、以前軽く調べたときと比べると、数も増えているようですし、今回本気で調べてみたら2割程度のコストに抑えられる計算。いろいろコストがかかる時期なので、非常にありがたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - バーチャルオフィス内覧しました
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスの内覧をもう1件入れました。今回、後から入れたところにする予定です。

バーチャルオフィスなんて、起業(か副業)でもしないと選ばないと思いますが、選ぶポイントはこんな感じ。

住所 会社登記可能か(長期契約が必要な場合や住所表記だけの場合)

金額 初期費用、月額費用、年会費、諸経費など。

電話 転送(たぶんボイスワープ)で発信不可。秘書代行

FAX メールで転送が主流?

郵便 都度メール連絡、転送のみor訪問受取可、転送料

宅配や書留 全て不在扱いになるか代理で受け取るか。着払いへの対応。

会議室 月何時間までなら無料とか。

シェアオフィス 併設されていて、数名規模までなら移行できたり。

探すと、安いところが見つかるものですね。

今の第一候補のバーチャルオフィスは、電話サービスがオプションなので、電話だけ別のサービスと組み合わせるという手もあるような気もしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - バーチャルオフィス
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]