Web STRATEGY vol.20の特集&連載を寄稿しています

2月18日発売のWeb STRATEGY vol.20に4ページほど書きました。

連載の「制作&開発環境 実践的改善講座」は第5回となり、今回のテーマは「つくりながら品質を確認する Webサイトのチェックツール」です。 HTML/CSSなどの規格のチェック、WebコンテンツJISなどアクセシビリティのチェックを行うツールの紹介をしています。色覚シミュレーションモニタも少し紹介しています。

今回の特集は時代を映して「不況に負けないWeb現場のノウハウTips」。

僕は「地域に合わせてコンテンツを切り替える エリアターゲティングで効率化」と「すべてのケータイ向けにコンテンツを変換する ケータイコンテンツ変換ソフトウエアで効率化」の2本書いています(会社のサイト内にもエリアターゲティングのデモコンテンツを用意しています)。


“Web STRATEGY vol.20 (インプレスムック)” (MdN)

それと前回発売時に書き忘れていました。

12月18日発売のWeb STRATEGY vol.19。連載は第4回「変更履歴をしっかり残す ファイルのバージョン管理」です。Microsoft Office system、Subversion、Dropboxなどを紹介しています。


“Web STRATEGY vol.19 (インプレスムック) (インプレスムック)” (MdN)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Web STRATEGY vol.20の特集&連載を寄稿しています
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

Web STRATEGY vol.18

久しぶりのエントリーです。

10月18日発売のWeb STRATEGY vol.18です。


“Web STRATEGY vol.18 (インプレスムック)” (MdN)

連載「制作&開発環境 実践的改善講座」、今号のテーマは 「サイトの不備を効率よくつぶす Web&ケータイサイトのテスト環境」です。

仮想環境やさまざまなツールを使って多様な環境を準備する方法について紹介しております。

僕のノートPCには、Win/Mac/LinuxのIE/Firefox/Safari/Opera/Chromeと大量のブラウザが入っています。

想定している環境でのテストは欠かせない、というのは当たり前ですが、手軽にテストができる環境を用意しておくことで、制作中にいつでもテストができるようになりますね。

リリース直前に大量の修正に不具合に気づくなんてことにならないように、今のうちに準備してはいかがでしょうか。

弊社、株式会社オクターバでは、いろいろと工夫しながら、Web絡みの案件に取り組んでおります。お仕事のご相談・ご依頼などは、info@octava.jpまで(^_^)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Web STRATEGY vol.18
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

Web STRATEGY vol.17

昨日、見本誌が届きました。8月18日発売のWeb STRATEGY vol.17です。


“Web STRATEGY vol.17″ (MdN)

今回は、連載とは別に、先月発売されたiPhoneに関する記事を書いています(目次の名前が間違っていますが…)。

iPhone対応ページ制作Tips「既存サイトをiPhoneでも使いやすいサイトに変えよう!」という記事です。

iPhone向けコンテンツの紹介から、既存サイトのiPhone向けの改修方法、開発環境、実機検証など、4ページに渡って解説しています。サイトごとに対応方法が異なる部分も実際には出てきますが、一般論としては、かなりまとまった内容になっています。

前号から始めた連載「制作&開発環境 実践的改善講座」、第2回目のテーマは「Webサイトを監視する」です。監視という視点から現場の改善につなげる話を書いています。今回は、2ページにギュッと中身が詰まっています。

どちらも、ぜひご一読ください。

お仕事のご相談・ご依頼などは、info@octava.jpまで(^_^)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Web STRATEGY vol.17
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

Web STRATEGYで連載始めます!

弊社では、システム受託開発&自社サービス開発といった開発事業とは別に、開発環境の改善というコンサルティング事業も行っています。まだまだアナログで無駄な手間をかけている企業の業務を、楽にストレスフリーに遂行できるようにお手伝いしたいと考えております。


“Web STRATEGY vol.16″ (MdN)

6月18日発売のWeb STRATEGY vol.16から「制作&開発環境 実践的改善講座」という連載をすることになりました。

ウェブサイトの制作やウェブシステムの開発の分野でも、しっかりと安全にモノ作りをするための環境を紹介していきたいと思っています。

第1回のテーマは「タスクを管理する」です。 To Doリスト、課題管理システムといった話を書いています。

感想や意見、取り扱ったらおもしろそうな話題などありましたら、直接メールいただくか、このエントリーのコメントに書いてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Web STRATEGYで連載始めます!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

『最初の3秒で心をつかむビジネス文章術』

“最初の3秒で心をつかむビジネス文章術” (堀内 伸浩)

レバレッジ・リーディング』にしたがってみて、入力しながら1時間弱で読了。

すごい名刺』と同じ著者の方なので、名刺については重複した内容で読み飛ばせましたし、1時間で読むぞと思っていれば、これくらいの分量なら十分読めますね。

これなら「毎朝入浴時に1冊」というレバレッジ・リーディングの著者の話も信じられます。

さて、最初の3秒で〜のほうに話を戻すと、こちらの書籍でもレバレッジ・リーディングに出てきた「カラーパス効果」と同じ内容が、説明で出てきました。

「カラーパス効果」というのは、意識をある方向に向けると、それが心にひっかかるというもの。相手の心をつかむためにすることを「やらなきゃいけない」と思うと辛いですが、意識のアンテナを張ってると「あ、これをお知らせしよう」とか自然と思うのでしょう。

おもてなしの気持ち自体は結構あるほうだと思うのですが、都合のいいところで甘えていたり、さぼっているので、こういう本で意識的に動機付けするのはいいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『最初の3秒で心をつかむビジネス文章術』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

『レバレッジ・リーディング』

こちらは文章量も少ないので、一気に読了。確かに、これはいい読み方指南書です。

“レバレッジ・リーディング” (本田 直之)

サブタイトルは、100倍の利益を稼ぎ出すビジネス書「多読」のすすめ。

じっくり読むのでもなく、速読でもないのですが、ビジネスに役立てるという自分なりの目的を持って、大量にセレクトした本を読み(一見すると斜め読みで)、読んだ後も反復と実践を行ういう感じ。

ガンガン書き込みしたり、ドッグイヤーをつけたり、本を短時間でボロボロにして、当然売れないので資源ゴミに出していくのですが、こういう読み方でもいいんだ!と目から鱗な本でした。

学生の参考書や技術書は自分のモノで書き込みとかしてましたが、それ以外の本って、どうも本は大切にしなきゃという先入観があったんですよね。

自分では、いわゆるビジネス書を結構読んでいるほうだと思っていたのですが、この半年でだいたい15冊くらい。

この本ではまずは週1冊を目標にして、著者は年400冊と一日一冊!でも、この本の読み方ならそれも可能だし、実になりそうに思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『レバレッジ・リーディング』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

『失敗は予測できる』

ちょっと時間がかかってしまったのですが、『失敗は予測できる』読了。

“失敗は予測できる (光文社新書 313)” (中尾 政之)

題名は予測ですが、内容は「失敗は予測できる」→「失敗は回避できる」→「失敗から逆転する」と話が展開されていきます。

最初の予測と回避は、ちょっと学問的という感があって、読み進みが遅かったのですが、後半がおもしろい。

失敗でリスクを感じる力と、成功に向けて必要な要求を感じる力は同じだとか、設計の思考過程は「思い→言葉→形→モノ」であるとか、そうか、失敗学というのは失敗を防ぐだけではなくて、成功するためのものなんだなあと当たり前のことを突きつけられました。

どうやら「成功を台無しにしてしまうような、もったいないミスをしないためには」という感じかなと思いこんでいたみたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『失敗は予測できる』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

『すごい名刺』

前から気になっていた本があったので、読んでみました。

名刺に仕事をさせるために、仕掛けを作って、渡したときからの会話のシナリオがいくつも考えられている、そんな名刺を作るための本でした。


“ビジネスが加速する!すごい名刺” (堀内 伸浩)

最初の例は、からくり名刺とか名刺本とか派手な目立つ名刺でおおっと思ったのですが、どんどん読んでいくにつれ、実践的に。

今回、会社設立に合わせて名刺を作ったわけですが、手元にある名刺でかっこいいものから、こんなのがいいと作ったんですよね。役職だけ偉そうという普通の名刺。

当面会う人は、すでに知り合いが多いのですが、今後新しく会う人が増えていくわけで、戦略的な名刺を作るべきですね。

たとえば、一緒に働こうと思ってもらうための名刺とか。さっと1時間くらいで読める内容ですが、実践するのが楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『すごい名刺』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

理想のNo.2のつくり方

先日、会社に入って一緒に頑張らないかと誘っている知人に会って、ビジネスプランを話しているとき、この本を貸してもらいました。


“地域トップ中小企業の社長が書いた「理想のNo.2」のつくり方―あなたに「右腕」が必要な本当の理由” (森下 吉伸)

対象読者は中小企業の社長。

No.2がいるメリットに始まり、理想のNo.2像、注意点など、No.2を作ることの大切さについて丁寧に書かれています。

結果として、社長はやりたいこと、これからのことを考えるといったことに力を注ぐことができ、社内も活気づくと。

後継者を作るというわけではなく、部下だけどビジネスパートナーとして扱うといった感じ。

まだ、僕自身が悩んでいるところではないので全てピンと来たわけではありませんが、経営者とNo.2でなく、上司と部下の関係に限ったとしても、心構えは勉強になると思います。

社員数が増えたり、社員との年代差があったりすると、いろいろ悩みは出てきそう。

社員数人の段階では、全員担当分やでのNo.2状態でいて欲しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 理想のNo.2のつくり方
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

労働法

先日、小学生の塾からの友人と焼肉を食べに行ったんですが、所属している会社の社員代表をやらされているらしく、焼きながら労働法談義。

僕が会社員(→会社印と変換されるようになってしまいました)の頃、社員代表なんて誰がやってるんだかくらいの扱いだったんですよね。でも、誰かがやらなきゃいけないわけで。

今のところ、1人入ってくれるかなという程度で、そんなに急拡大する予定はありません。

でも、いずれはということで軽く勉強しているところです。

“労働法のキモが2時間でわかる本” (石井 孝治)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 労働法
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]